2017年11月17日

フロントキャリアと、プラスアルファの拡張性

先日作ったベンダーで、早速ラックを作ってみました。


一見すると、オーソドックスなフロントラック、でもない。
キャリパーブレーキに付けられる市販のキャリアもあまり無いと思うのですが、
手作りなので、キャリパーブレーキ前提で作ってあります。


あと、特徴付けたのはフォーク足に固定するステー。
普通このステーは曲げずに真っ直ぐフォーク足にボルトオンされるのですが、
この曲げ形状にはちょっとした狙いが。


R0018568.jpg
R0018569.jpg
R0018571.jpg


作ったフレームにセットするとこんな感じなりました。
中々雰囲気良し。

R0018572.jpg
R0018573.jpg
R0018574.jpg
R0018577.jpg

で、先ほど述べた、ステーの形状に意味があるって言う話し。

真横から見るとステーがほぼ平行に付くので、
見た目上すっきりするっていうのもありますが、
狙いは拡張性。

それはスタッフサックなどの円柱状、もしくはそれに近い形状の荷を、
フロントバッグの他にプラスアルファで積載する、というもの。

R0018578.jpg


こうすればフロントバックの他、
その下のステー部に2リッターほどのスタッフバックが左右合計で二つ、
ベルクロなどで括ることができます。

裏はこんな感じで、

もしベルクロを固定するステーが、写真の様にパイプが二本でなければ、
このような積載をしようとすると、荷物は下にぶら下がり不安定になるばかりか、
不安定になった荷物が前輪のスポークに巻き込まれるでしょう。

二本に確実に固定することで、安定した固定が可能です。

R0018581.jpg



昨日もお店で、自分を含め、複数人で荷物の積載について話しをしていて、
それが盛り上がり、色んな方向に話しが飛んで結構楽しませてもらったのだが、
パッキングにおいて、フロントの真ん中はかなり重要というか、
ここを積載スペースとして、いかに生かせるかが
走行感を劣化させずに楽しく乗れるポイント、なんじゃねーか、なんて方向に一旦落ち着いています。

探求していきますよ~


なんか結構マニアっぽい内容になっていますが。。

当店では
オーダーをする際に、
どんな自転車に乗りたいのか、とか
どういう乗り方をして、どういう荷物を積むのか、なんて堅苦しくヒアリングするつもりは毛頭ありません。
もちろんそのようなオーダーも歓迎ですが。


何となく依頼者の奥底にあるイメージを拾って、
提案・誘導して、自転車の形にする。
それが自分たちの仕事というか、
そういうスタンスでありたいと思っています。

誰もが専門外の仕様などに関することを指定できる訳が無いですからね。
極力、オーダーメイド=敷居が高い、なんてイメージを払拭したいですね。

宜しくお願いします!




スポンサーサイト
2017年07月24日

大きすぎるカゴ

Renoちゃん用の後かご。

大きすぎるだろ~~。

普通に荷台に木箱的なもので機能的にはそれでOK気もしないでもないが、、
これはこれで有りなのか。

R0018234.jpg

R0018233.jpg

R0018235.jpg

R0018232.jpg



2017年07月11日

専用品という選択、Herschelポーチ用のフロントケージ

大は小を兼ねる、
汎用性の高いキャリアやラック。

もちろんこれらは大きな物や、様々な形の物を積載できる可能性があるが、
逆に、せっかく一点物を作るんであれば、
汎用性はなくとも何かに特化した入れ物でもいいんではないか?

ということで、HERSCHELのポーチ専用のフロントケージを作ってみた。
ちなみにKAVUでも似たような形状、容量のポーチがあるが、
多分それでもいける。

対象のHERSCHELのポーチ。
財布に着替えやタオル、携帯やカメラが入る日帰りツーリングには丁度良いサイズ、ではないかと思う。

R0017906.jpg


このポーチがぴったり収まるケージ。

狙いは、
◆ ゴム紐などでおさえずとも、
多少のでこぼこ道を走っても飛び出ない。

◆出し入れもスムーズ、なぴったり具合で。

◆ポーチをハンドルからぶら下げないので、上ハンドルを快適に握れる。

◆しっかりホールドされるので、ハンドルが振られない。
走る楽しみが削がれにくい。


ケージの固定箇所はキャリパーブレーキを共締め、が一つと。
フォーク足のダボ穴2個の3点止め。
R0017986.jpg



実際に、奥秩父までサイクリングしてみた。
狙い通り快適に、走れた。

R0017960.jpg


この固定方法は、フォーク足にねじ穴が必要。
新しく、フレームやフォークを作らせてもらう場合は、全く問題なし。

今、お使いのスチール系フォークにもねじ穴をロウ付け、
そうでない場合は、極薄の材料でなければ、
リベットナットを打ち込めば、ねじ穴を作れる場合があります。



今はハンドルにぶら下げる系のポーチは結構色んなところで
ありますが、
こういう選択もあります。

ドロップハンドルユーザーには上ハンドルが握れないのはストレスですし、
ハンドルが振られにくい、
さっと荷物を出し入れできるなどなど、
けっこうメリットは大きいです。


ご質問お待ちしております。



しかし、
日曜は死ぬほど暑かった。


秩父手前の名栗湖。

飯能側から秩父に抜ける車道はいくつかあるが、
一番キツい有馬林道。
ここ好き。

R0017958.jpg



有馬峠。
下界ではアブラゼミやミンミンゼミが鳴き始め、暑さが倍増。超不快だけど、
上はヒグラシや、野鳥の涼しげな声が。。

R0017963.jpg


秩父側のさくら湖。
飯能側より暑い。。
R0017966.jpg




さっさと三峰神社近くの大滝温泉へ避難、チェックイン。
あとはひとっ風呂浴びて、ビールを飲んで、夕方までごろ寝することにした。
R0017972.jpg


ちなみに、
ここ大滝温泉に来たのは初めて。

鬼平犯科帳のキャラクターに
元盗賊で今は(?)鬼平の密偵になっている、大滝の五郎蔵という登場人物がいる。
血を見るような盗み(おつとめ)をしないのが流儀の本格の盗賊の頭だった
彼の通り名は大滝の五郎蔵。

彼の出生地である、奥秩父・大滝がここ三峰神社近くの地名だ。

寝しなに枕元で、コミックを必ずと言って良いほど見る鬼平ファンの私。

ファンとしては大滝温泉につかって、テンション上がった。



ということで、しばらく大広間で睡眠をとり、
夕方、秩父駅から輪行して帰ってきた。


R0017975.jpg










2017年03月05日

カスタムラック for GB

大は小を兼ねる。。
確かにそうなんですが、
オーダーという手段があるので、汎用性よりも
もっと目的に特化したものも作れます。


今回は、もうこのポーチしか使わないので!
信号待ちのときとかに、ポーチの中をガサゴソやりたいっ、ということで、
その大きさに合わせたフロントラックを作ってみました。


写真にある紫色のポーチ、それがぴったり収まるように、
フロントラックを作りました。
ポーチの抜き差しも丁度良く、逆にかなりの振動でも抜け落ちることもありません。

旅行時に宿に着いたときや、食事のとき、手持ち品をさっとバイクから持ち出せます。

R0016995.jpg



バイクからはずした外観はこんな感じ。


実はこの自転車、ヘッドチューブにラックマウント用のダボを設置してあるのですが、
今回は極力手前に荷物を近づけたいとの要望で、
ヘッドチューブにマウントするとどうしても、ハンドルとの干渉が気になります。

そこでハンドル切るとラックもともに回る方式ということで、
フォークコラムとフロントフォークの穴から支えることにしました。

R0016978.jpg



取り付けはこんな感じ。
ハンドルをはずします。
R0016987.jpg


フォークコラムにラックを差し込みます。
R0016988.jpg


R0016989.jpg


付属の足をフォークに設けられた穴に通し、
「また、ラック側のねじ穴にM5ボルトを通し固定します。
R0016990.jpg


ハンドルを戻し、
ステムのキャップをして、締め込み、ヘッドセットのガタをしっかりとって、
ハンドルを固定して完了です。
R0016991.jpg

R0016993.jpg


自転車で荷物を運ぶって言うと、ショップから提案される方法はある程度決まっています。
市販のフロントバック、キャリアにパニア、、最近だとバイクパッキング関連のグッズ。
どれも特徴があって使いやすいものを選べばよいと思います。

この方の場合、出先や旅先にて、目的地などについたときに、
普段使っている、バックパックや荷物をさっと自転車から持ち出したい、
自転車用のパッキングから、わざわざ荷物を出して普段用のものに詰めなおすのが面倒、
この方のスタイルなんですね。


オーダーであれば、
スタイルに合わせて最適なものを作れる可能性があります。


カスタムキャリアは
手数により差は出来ますが¥25000~より承ります。


製作手順は以下のような感じ。
手数が多いんで結構大変です。


製図、、と言うほどでは無いですが、
現物のサイズを確認するために一旦図面にします。

R0016844.jpg


今回使用するのは8mm径のパイプ、
クラシカルなフロントキャリアとかだと、6mm径の無垢棒を使ったりします。
これをベンダーにかけます。

R0016845.jpg
R0016846.jpg



同じものを上下分作ります。
水抜き穴もしっかり開けます。
メッキ処理時、溶接痕のピンホールから処理液が入り込み、それがメッキ不良をおこすことがあります。
なので開けといた方が確実です。

R0016852.jpg



パイプより一回り小さい無垢棒。
これを中継ぎにして、上の半分同士を一つにします。
ロウをしっかり中まで回します。

R0016850.jpg
R0016853.jpg


ブリッジを渡し、底面です。
R0016855.jpg


柱を立てていきます。
R0016863.jpg


上枠をつけます。大分ラックに見えてきました。

R0016866.jpg


一旦つるっと仕上げます。
R0016876.jpg



途中、撮影したデータがあったんですが、
削除してしまったので割愛です。

コラムで支える部分、足の部分を作って完了です!
R0016975.jpg


こういう依頼を頂くと、各々のスタイルを知るいい勉強になる、中々楽しい仕事でした。

こういう風に乗りたい、荷物を積みたい、運びたい等々ご要望お待ちしております!
全てが実現可能ていうわけではありませんが、、









メイン