FC2ブログ
2019年07月11日

Tubesリアラックの改造

長期のツーリング、サイクリストには定番のTubesのラック。
スチールですが、薄くて軽いですね。
おそらくクロモリなのでしょうが、丈夫かどうかは、、不明です。

その改造依頼をいただきました。

実はこれは後ろ用ラック。
これを前に取り付けられるようにしました。
フロントフォークにもダボを追加しています。
R0022167.jpg


こんな感じで。前に装着できました。
R0022204.jpg


普通にサイドバックをつける、以外にも細工をしました。
R0022199.jpg
R0022200.jpg
R0022201.jpg


こんな風に普通にオルトリブのバックが引っ掛けられますが、
R0022206.jpg


こんなプラスチックのマウントをセッティングしておけば・・・
R0022208.jpg


小型のオルトリブバックがワンタッチでつけられます。
大きいサイドバッグが必要ないとき用、
ということでこの仕様になりました。
R0022207.jpg


プラスチック部分がワンタッチで、キャリア側のマウントにはまります。
本来はオルトリブのバッグに穴を開けてマウントを親バッグに設置し、
拡張サブバッグとして売られている商品ですが、直接キャリアにマウント。
R0022209.jpg
R0022210.jpg



ARAYA マディフォックスをグレートジャーニー仕様にした一台、かっこいいですね!
インドラダックやパミール高原を旅されたそうです。

こういった改造も、承ります。
アイデアお持込、大歓迎!

R0022202.jpg
R0022203.jpg
R0022204.jpg








スポンサーサイト



2019年05月19日

フロントラック


フロントラックの制作です。

フロントのシンプルなものであれば¥20000~ から。
フレームオーダーの方には¥10000でのサービス価格となります。

上記にメッキ代がかかりますので、プラス2~3千円でしょうか。

R0022058.jpg


手作りならではですが、ライトの台座やフェンダー用のダボや、
ロープワーク用のフックなんかもお好みに応じて付けられますよ。

上の方のキャリアはバンド式のライトブラケットを取り付けるようにパイプをくっつけています。
R0022050.jpg


ヒロセさんの自転車に取り付けました。
ライトがつくと可愛いですね。
R0022075.jpg


オーナーがお持ちのTAの小型バック。
ラックの背もたれにバンドするだけの取り付け構造。
ポーチのような小型サイズのバッグですね。

こんなの欲しかったな。

今はこんなバッグはないので、
どこか、リーズナブルな価格で出してくれないだろうか。

R0022072.jpg
R0022073.jpg





2018年04月22日

カスタムフロントラック

カスタムフロントラックの制作です。

さわやかなブルーのラバネロ号。
今回、この綺麗な塗装は痛めたくないので。
フレームへの加工は一切しません。

その代わり、汎用キャリアでも採用されるフォーク足バンド式でってことで制作しました。

(仕様)

バンド固定式

基本的に専用のランドーバッグ的なものを載せる予定ですが、
その辺に売ってるバッグやポーチも積載できるよう、
例えばそれらをロープワークで括れるようにポッチを設けてます。

あとはサイド部分をプチ・パニア的な使い方ができるステー形状にしてあることでしょうか。

R0019542.jpg
R0019543.jpg
R0019544.jpg


ダイゴマン プレゼンツ リサイクルランドーバッグでもいいですし、
こんなバッグをラックに乗っけたい!なんて要望がありましたら、
最適な積載方法を探って提案させていただきます。

2018年03月13日

卓球ラケットケース用ケージと、リアラック

ラックの制作。

一つはアナログレコードをがっつり積む可能性があるので、
それなりに丈夫なラック。

一つは卓球ラケットケースがパコってはまる感じのケージ。
ラケットケースには、ラケットが常に入っているわけではなく、、
要は普通のポーチ。
フォーク足にボルト留めされる予定。

R0018992.jpg
R0018991.jpg


2017年11月17日

フロントキャリアと、プラスアルファの拡張性

先日作ったベンダーで、早速ラックを作ってみました。


一見すると、オーソドックスなフロントラック、でもない。
キャリパーブレーキに付けられる市販のキャリアもあまり無いと思うのですが、
手作りなので、キャリパーブレーキ前提で作ってあります。


あと、特徴付けたのはフォーク足に固定するステー。
普通このステーは曲げずに真っ直ぐフォーク足にボルトオンされるのですが、
この曲げ形状にはちょっとした狙いが。


R0018568.jpg
R0018569.jpg
R0018571.jpg


作ったフレームにセットするとこんな感じなりました。
中々雰囲気良し。

R0018572.jpg
R0018573.jpg
R0018574.jpg
R0018577.jpg

で、先ほど述べた、ステーの形状に意味があるって言う話し。

真横から見るとステーがほぼ平行に付くので、
見た目上すっきりするっていうのもありますが、
狙いは拡張性。

それはスタッフサックなどの円柱状、もしくはそれに近い形状の荷を、
フロントバッグの他にプラスアルファで積載する、というもの。

R0018578.jpg


こうすればフロントバックの他、
その下のステー部に2リッターほどのスタッフバックが左右合計で二つ、
ベルクロなどで括ることができます。

裏はこんな感じで、

もしベルクロを固定するステーが、写真の様にパイプが二本でなければ、
このような積載をしようとすると、荷物は下にぶら下がり不安定になるばかりか、
不安定になった荷物が前輪のスポークに巻き込まれるでしょう。

二本に確実に固定することで、安定した固定が可能です。

R0018581.jpg



昨日もお店で、自分を含め、複数人で荷物の積載について話しをしていて、
それが盛り上がり、色んな方向に話しが飛んで結構楽しませてもらったのだが、
パッキングにおいて、フロントの真ん中はかなり重要というか、
ここを積載スペースとして、いかに生かせるかが
走行感を劣化させずに楽しく乗れるポイント、なんじゃねーか、なんて方向に一旦落ち着いています。

探求していきますよ~


なんか結構マニアっぽい内容になっていますが。。

当店では
オーダーをする際に、
どんな自転車に乗りたいのか、とか
どういう乗り方をして、どういう荷物を積むのか、なんて堅苦しくヒアリングするつもりは毛頭ありません。
もちろんそのようなオーダーも歓迎ですが。


何となく依頼者の奥底にあるイメージを拾って、
提案・誘導して、自転車の形にする。
それが自分たちの仕事というか、
そういうスタンスでありたいと思っています。

誰もが専門外の仕様などに関することを指定できる訳が無いですからね。
極力、オーダーメイド=敷居が高い、なんてイメージを払拭したいですね。

宜しくお願いします!




メイン