FC2ブログ
2021年01月31日

普段使いおすすめリム

庶民の味方的な価格設定と安定の品質、
アレックスリム、おすすめです!

CX24
700cで概ね25c~35cが適正です。
都内や市街地の通勤や通学にも一番使われるタイヤの規格ですね~

また丁度良いリムハイトで重くなく、またそこそこ頑丈で、
気を遣わず道が悪いところでもがんがん使えますよ。

このCX24、価格が1本5千円とリーズナブルな上、
チューブレスレディ、それからディスクブレーキ化が進む昨今、
しっかりとリムブレーキ対応です!

品質もしっかりしてますよ。
組んでていてわかります。
組みやすく精度が出しやすいです。


長期間乗ったり、雨の中乗ったりすると
リムの消耗は激しく、長い目で見たら消耗品。
ハブなどがまだまだ使える場合、組み換えが効きますので、
手組ホイールはよりサスティナブルです。

リーズナブルな使えるCX24 いくつか在庫ございます。

参考価格、選ぶパーツにより変わります

リム ペア ¥10000
Fハブ ¥5000
Rハブ ¥15000
スポーク ¥3000
工賃 ペア ¥10000

¥43000 + 税


組み上げたものはラベルを剝がしています

PXL_20210127_111314033.jpg
PXL_20210127_111940576.jpg
PXL_20210127_111410587.jpg
PXL_20210127_111534453.jpg
PXL_20210127_112104519MP.jpg
CX24_img.jpg



スポンサーサイト



2021年01月13日

手組ホイール

軽い、とか、固いとかそっち方向のベクトルでは
完組ホイールには絶対にかなわない。

でも楽しみとしてのホイールは手組のほうがいいんじゃないか?
色、組み合わせ、手に入るものなら自由にできる。
性能的にも軽くて硬ければいいってもんじゃなし

20インチ(大きいほうの20" 451エトルト)
ということでホイール右側ライトブラウン、左側はライトブルー、ニップルはアルミのシャンパンゴールド・・
カラフルなホイールの完成!ホワイトバランスを間違えてなんだかわかりませんw

工賃1本¥5000(税込み¥5500)

例:
リム ¥5000
スポーク32本 ¥1760
フロントハブ ¥4000
工賃 ¥5000

¥15760 + 消費税

みたいな感じです!

IMGP2316.jpg
IMGP2317.jpg
IMGP2318.jpg
IMGP2319.jpg
IMGP2320.jpg


2020年09月03日

完組なんてつまんない

良質かつユニークなスポークを製造する
大阪 星スポークさんの新製品?? ウィングスター。
なんでも素材から見直し、破断強度やへたり改善したそう。

真鍮色のカラーリングがかっこいいスポークです。

詳細はこちら!!


リムは650B、貴重なシルバーポリッシュ
日本ランドナー界の雄 グランボアさんのパピヨン 36H

ダブルウォール、両ハトメの丈夫なリム、しかも36穴
がしがしいけちゃう頑丈なリムです、
組んでいても、精度いいな~ と思いました!
なによりポリッシュが美しいですね。



ウィングスター、淡い真鍮色。

ピストブームの頃には手組ホイール需要がにわかに息を吹き返し、
リムやスポークもカラーバリエーション随分と出ましたが、
カラーリングは割と派手なものが多かったような。

このウィングスター、大人びております。

IMGP1787.jpg
IMGP1789.jpg


ニップルも黒。真鍮ニップルです。
壊れやすいアルミじゃないです。
この色合いもなかなかいいですね。
真っ黒ではなく、黒の下のベースに真鍮色が霞み見える感じ。

グランボア パピヨンのロゴと偶然ばっちり相性よ~し!
IMGP1801.jpg
IMGP1800.jpg
IMGP1802.jpg


デュラハブでがっちり組んで、
650B、固定ギアホイールの出来上がり



組み賃は1ペア ¥10000(税抜)

例えば今回の場合だと、税抜き概算
・リムペア ¥15200
・スポーク72本 ¥9000
・黒ニップル1ペア分 ¥1050
・ハブ持ち込み
かかった費用¥35250くらい、(タイヤ、チューブ代は別途いただいております)


完組なんてつまんない💛
ご依頼お待ちしております。


IMGP1796.jpg
 





2019年08月13日

チューブレスレディ セットアップいたします

最近ではグラベル用途、ロードプラス関係のチューブレスレディタイヤ、リムが充実してきました。

組み付けはそう難しくはないですが、
チューブレスレディタイヤはチューブレス専用タイヤと違い、
タイヤ内部にシールがされていないので
空気漏れを防止するシーラントは絶対条件。

慣れないとお部屋を汚すことに。。

当店で組んだWTB、XTハブで組んだホイールに組みつけていきます。
R0022796.jpg

ぴしっとストレッチしながら
チューブレス用リムテープを張っていきます。
R0022797.jpg


穴を開けてバルブをセット。
R0022800.jpg


これまたWTBのロードプラスタイヤ。
スキンサイドの触った感じ良さそうなタイヤです、乗ってみたい。
R0022801.jpg


コンプレッサーで一気に空気を流し込み、
一度ビードをあげます。
R0022805.jpg


ビードがしっかり入った状態のタイヤから一旦空気を抜いて、
今度はシーラント。
R0022806.jpg
R0022807.jpg


シーラントが入った状態で再度エアを張り、
シーラントがタイヤ全体に満遍なくいきわたるようにシェイク。

R0022810.jpg



完成です。
ちなみにシーラント剤がタイヤの細かな穴や、テープやビードの隙間を
塞ぎきるのに、何度かエア抜け→シェイク→空気を張る、というのを
繰り返すことが多いのでちゃんとセッティングできるまで、
山奥なんかは行かないほうが無難ですね。

低圧にセッティングでき、チューブドよりもパンクのリスクも減る。
重量面でもタイヤのボリュームが上がるほどチューブも重くなるので、
チューブレスのメリットは大きいですね。

嵌め易さも通常のクリンチャータイヤと変わらない場合が多いですので、
充分選択肢としてありです。

チューブレスレディのタイヤセットの価格の目安はこのくらい。

Stan'sのリムテープ、バルブ、シーラント剤と工賃で ペアで¥8500~~(税抜、リムテープの太さにより価格は変わります)
あとは、タイヤ、ホイールはお持込OKですが、
もちろん当店取りあつかいのものでしたら、ご用意させていただきます!
ご相談ください。

いかがでしょうか??
R0022817.jpg


2019年07月06日

オールロード、グラベル系手組み

自転車のホイール、
購入する場合、スポーツバイクや、趣味の自転車の世界では、
完組み、それから手組みと2パターンあります。

説明するまでもないかも知れないですが、
ホイールのパーツ構成はハブ、スポーク、リムから組まれていますが、
ホイールメーカーが、メーカーが考える最適な組み合わせで、
最初から組んであるものが完組み。
反対にショップで相談しながら、
それぞれのパーツをあーだこーだいいながら選んで組むほうを手組み。

それぞれ、メリット、デメリットあるけど
特にロードの世界では完組みが圧倒的なシェアを占めているのが現状。
確かに「軽い」とか「硬い」とかのベクトルでは完組みの高性能のホイールには
手組みは及ばない。

だが、手組みにもたくさんいいところ、あるんですよ~

・壊れにくい・・・
通常、28ホール以上あるリムが多いし、
極端な軽量リムとか、体重ある人がリム選択間違えない限り、
スポーク数少なく、テンションをカンカンに張った完組みより間違いなく長持ちする。
体重75kgでカンパのユーラスなんか普段乗りに使ったら、そのうちスポーク飛ぶ・・

・組み方やテンションの自由度・・・
組み付けるスポークの交差数やテンションで、ホイールの特性を変えられる。
例えば、今のロード用完組みの前輪はほぼ例外なく(ディスクブレーキは別)ラジアル組みといって、
スポークが交差せず放射状に組まれているもの。
これで硬いリムにカンカンにテンション張ったら確かにサーキットホイールが出来上がる。。
でもよっぽどの技量がないと、レーシング0で下りを攻めるより、
6本取り(一般的なクロス組み)の手組みのほうが、安心して乗れるし
カーブにも躊躇無く入っていけるよね。

またワイドリムの流行でますますロード系の完組みホイールは
剛性過多の傾向。
長距離系のライダーなんかはベストな選択に思えないのだが、、

・リムを交換できる・・・
ヘビーユーザーの方、
雨の中乗ってしまうと、すごい勢いでシューとリムが削れていきます。
完組みメーカーでも補修用リムを用意しているところもありますが、、
手組みなら、汎用リムなので、次は何にしようかな~なんて悩むことも可能です。
ちなみに距離乗る方はハブ、耐久性のあるものにしたほうが良いですよ。
シマノのデュラエースハブはさすがだった。。何万キロ乗ったのかわかりませんが、
ベアリングも一回グリスアップしただけでほぼガタやゴリはなし。
リムも5回ぐらい組み替えましたが、材質が硬いのでスポーク穴の変形が少ない(普通のハブは変形する)
最終的にフランジが割れて、ご臨終しましたが、、よく長い間働いてくれました。


・パーツ選択の自由度・・・
今は完組み全盛なので、現状手に入るリムについて中々情報が無いんでしょうが、
オーソドックスなものから、個性的なリムまで結構あるんですよ。
後ほどグラベルやオールロード系に使えるリムを紹介したいと思います。

・愛着がわく・・・
パーツを選択するとき、多かれ少なかれ頭を悩ませると思います。
これが楽しいんですね。
そうやって出来たホイールには、ポチッた完組みより間違いなく愛着がわくのではないでしょうか?



リムはホイールを構成するパーツの中でも
キャラクターやスペックを決める重要な位置を占めるパーツ。
当店で扱いのあるメーカーの中から、
ちょい太めのタイヤや、ツーリング車やオールロード、グラベル系で使えるものをいくつか紹介。

ALEXRIMS CX30

日本でも多数代理店扱いがある大メーカー。
本国のホームページをみると、本当にラインナップ豊富。
日本にはいれていないモデルが多いので惜しいところ。

そのAREXRIMのグラベル、クロス系のCXシリーズの中でもかなり丈夫でがちっとしたリムがCX30。
ちょい重ですがスポークテンション高めで組むとその重さをあまり感じないシャープなホイールができますよ。
体重75kgの私が結構激しい林道下っても、なかなか振れません。
安心できます。
適応タイヤは28c~上くらい。

リム単価¥5000 リーズナブルですね。
オフロード系ではディスクブレーキ一色の今、リムブレーキ対応なのもうれしいところ。
CX30.jpg


ALEXRIMS CX24

同じくALEXRIMSのCX24。
CX30よりリムハイトが低く軽量です。
普通の体格の人にはCX30より使いやすいかもしれませんね。
チューブレスレディ。
とはいえCX30の高剛性を踏襲。
こちらもリムブレーキ対応、ブレーキの当たり面も丁寧に切削されています。
ブレーキ、効きますよ~

CX24.jpg


STAN'S GRAIL MK3

シーラント剤といえばここ、というくらい
チューブレス関係では有名なところですが、
リム、ホイールも面白いもの作っています。

このGRAIL MK3、リム幅が20mmちょっとあるにも関わらず、
重量が430gほど。軽いですね。
故に高いテンションで組むようなリムではありません。
というより硬ければいいというものではありませんし、
軽量でウィップに富んだフレームと相性がよいですね。
タイヤ幅も35c以上のボリュームのあるタイヤが楽しそう。
もちろんチューブレスレディ。ディスクブレーキオンリー。

ちなみにカーボンリムもラインナップ有、300g。。
Stans-Grail.jpg


グランボア パピヨン

日本ランドナー界を根元からさ支える京都、I'sBicycleさんのグランボアリム。
その中でも主力のリムがこのパピヨン。
貴重なフレンチスタイルに似合う銀輪ですね。
もちろん、今風の自転車につけても面白い組み合わせだと思います。

ダブルウォール、両ハトメ付きとロープロファイルリムながら、強度はばっちり。
ハードなツーリングにもおすすめ。

おすすめはスペック重量は気にせず安心の36穴リムで8本取(スポークの組み方)でしっかり組む。
硬すぎず柔らかすぎずコシのあるいいホイールができますよ。
もちろん、リムブレーキ用。

650B、700cともに充実しています!
また、タンデム用に40穴なんて貴重なものも。。

papiyon.jpg


TNI CX22

昨今、ロードのワイドタイヤの流行で、タイヤメーカー各社から
25から28c相当のタイヤ、中には30c相当の幅を持ったロードタイヤを出していますね。
ビットリアですとか見ると結構面白そうなタイヤを持っています。

あとはドライコンディション用のシクロクロスタイヤ。
センター部分は大きいブロックパターンでなく、やすり目がメイン。
これらなんかもツーリングに使いやすそうです。
TufoのDry plus32なんか、安くていいですね。

いったんトラブルに見舞われると面倒ですが、
リム打ちパンクのリスクが少なく、低圧に落としやすいチューブラーという選択。
ここ一発!?の林道ツーリングに。

そんなシクロクロスや太目のロードチューブラーに使いやすいのがこのリム。
幅広でタイヤが強固に張りやすいです。
価格もTniらしく1本4200円とリーズナブル!

CX22.jpg


いくつかご紹介しましたが、
手組ホイール、喜んで承ります!

ちなみに参考価格の例ですが、
仮にリムをTNIのCX22で組んだ場合、ハブはシマノの廉価ロードハブを選んだとして、、

リム・・¥4200x2
ハブ・・シマノHB-RS300, FH-RS300 ¥4500くらい
スポーク・・¥60x64くらい
工賃・・ペアで¥10000

合計¥26740と、抑えようと思えばこのくらいでできてしまいます。
キャラクター豊かなホイールが、このくらいでできてしまうと、良い選択だと思いませんか?

また、手組ホイール、
組んでから馴染むまで、多少時間がかかります。
具体的には最初乗り出し数百キロで初期振れがでるのが普通ですので、
地方発送も受けますが、お付き合いのあるメンテしてくれるショップさんがある方か、
直接お店に来ていただける方のほうがよいでしょう。(初期の振れ取りは無料です)

いかがでしょうか?


R0022216.jpg
R0022215.jpg
R0022214.jpg
R0022213.jpg












メイン