FC2ブログ
2018年04月13日

Shiro's Disc Raod

Shiro's Disc Road
注文品の完成です。
 
■ディスクロード 
・フロントフォーク コロンバスカーボン 12mmスルーアクスル
・使用パイプ プレステージ & アルティメイト ミックス
・フラットマウントディスクブレーキ
・最大タイヤ幅 700 x 28c
・モノステー

価格は細かな仕様により多少上下しますが¥230000ほどとなります。
クロモリのイメージを覆す軽量かつ、カチッとした乗り味のロードフレームです。

先に掲載したDisc Roadの相方です。

R0019459.jpg
R0019462.jpg
R0019465.jpg
R0019468.jpg
R0019471.jpg
R0019474.jpg
R0019477.jpg


スポンサーサイト
2018年04月11日

Rawweng's Disc Road

Rawweng's Disc Road
注文品の完成です。
 
■ディスクロード 
・フロントフォーク コロンバスカーボン 12mmスルーアクスル
・使用パイプ プレステージ & アルティメイト ミックス
・フラットマウントディスクブレーキ
・最大タイヤ幅 700 x 28c

価格は細かな仕様により多少上下しますが¥230000ほどとなります。
クロモリのイメージを覆す軽量かつ、カチッとした乗り味のロードフレームです。

もちろん、ミリ単位でのスケルトンフルオーダー!
難しくありません、フィッティングからきちんと行わさせていただきます、
乗り方や体格に合わせて、パイプからベストな物を選定しますよ!


R0019426.jpg
R0019429.jpg
R0019432.jpg
R0019435.jpg
R0019436.jpg
R0019441.jpg
R0019444.jpg
R0019447.jpg
R0019448.jpg
R0019453.jpg
R0019456.jpg





2018年02月05日

K's シングルバイク リアメカハンガー付き

K様シングルバイク、

シングルギア、正爪仕様ですが、
エンドにはリアディレイラーハンガーが付いており、後から多段化が容易にできます!
ダウンチューブにはリア用のみ、Wレバー台座を取り付けております。

ハブはデュラエースと高級品、130mmエンドで使えるように
シャフトを入れ替え。

ハンドル廻りの仕様が面白いですね。
競輪車の街道練習用にと作られた、一つのブレーキを
右手でも左手でも引ける、
グランコンペのショットレバー。
これを2つ使って、ブルホーンハンドルの先っちょでも、また手前を握っていても、
ブレーキを引けるという、
今まで組んだことのない仕様。

早速、自走して帰られたんですが、
あまりに進みすぎる、、との嬉しい報告を頂きました~


R0018892.jpg
aR0018893.jpg
R0018894.jpg
R0018895.jpg
R0018896.jpg
R0018897.jpg




2018年01月26日

QUIET

ツーリングバイクに力を入れていく、柳サイクルのニュースタンダード。
一番需要が多い?と思われるライトツーリング車です!

・モデル名 QUIET(クワイエット)
・フレーム & フォーク 価格 16万8千円(税抜)
・最大タイヤ幅 700 x 32c
・V・カンチブレーキ or Discブレーキ

極めてロードレーサーに近いフレームなので、
普段ロードにお乗りの方でも、違和感の無いフォームポジションと走行性能。

ただ、数日の日を跨いだツーリングまでカバーするフレームなので、
多少の荷物を積んだときに、より良いハンドリングと安定性に味付けしてあります!
この辺りのフレームキャラクターと、キャリアを取り付けることが可能なのが、
ただのロードと違う、ライトツーリング車ならではでしょうか?

また、期間限定サービスとなりますが、「QUIET」をオーダーしてくれた方には
写真にあるフロントラック、そのサイズであれば
通常¥20000のところ、+¥10000でお受け致します!(メッキ・塗装別途)

当店では
手作りラック、ライズアップ?(育て上げる)と称しまして、
最初にメッキとかでビカビカにしてしまうよりも、
一旦ベーシックなものを作らせてもらって、
あとから
「ライト用の台座着けたいな~」とか
「パニア台追加したいなー」とかの要望に柔軟に対応したいと思います。
なので、コストも掛かることだし、とりあえず表面にはクリアだけ吹いて
お渡しすることが多いです。
ラックはアイデア次第ではすごく面白い、使い勝手が良い物ができる可能性がありますからね。


R0018848.jpg
R0018849.jpg
R0018850.jpg
R0018851.jpg
R0018852.jpg
R0018853.jpg
R0018854.jpg
R0018855.jpg
R0018856.jpg
R0018857.jpg
R0018858.jpg
R0018859.jpg




昨今のロードバイクのブーム?で自転車を始めた方てすごく多いと思うんですが、
遊び方に少し飽きてきた、、という方も少なからずいると思います。

次はどうして遊ぶ?
泊まりでいく?林道に入ってみる?
釣り竿括ってみる?それとも、、
ライトツーリング車のQUIETが、
そんなあなたの最初の一歩の後押しができればいいなと思っています。



QUIETというネーミング。
カルチャー誌・スペクテイターに台湾自転車紀行の記事が掲載されていた。
ある理念・マインドをその記事を書いたライターは「クワイエットアドベンチャー」と造語で呼び、
それをテーマとして自転車旅、あるいは他の人力による旅を実践している。
それがいたく面白かったので、そこから拝借している。

何年か前のバックナンバーですが、興味ある方は読んでみて。
R0018861.jpg
R0018862.jpg










2018年01月22日

HAGER 1.0!

当工房はツーリング用自転車をメインに製造していますが、
その中でも山サイ方面に寄ったモデル、HAGER(イェガー)。


自転車を担いで、藪をかきわけて、そしてルートを探索。
舗装路を自宅まで自走する。
その日の枕元で地図を見ながら次のルートを思い描く。
ロマンチックですねぇ

それから
担ぎのためのトップチューブの曲げや、24インチから700cまでのマルチホイールサイズ想定。
それからリジッドフォークからサスペンションに差し替えたときに違和感のない
ハンドリング。

ロードから山サイクリング&ハイキングを楽しむための自転車です。


写真は24インチホイールのブロックタイヤを履いている状態。
立ち上がりがやはり速い!独特な良さがありますね。


当工房、サポートライダー、HG a.k.a ダイゴマンが
今週末、長野の某峠で早速ライディング、

価格は細かい仕様により変化しますが、
およそ単色塗装込み、フレーム・フォークでおよそ18万くらいから

よろしくどうぞ!

R0018836.jpg
R0018837.jpg
R0018838.jpg
R0018839.jpg
R0018840.jpg
R0018841.jpg
R0018842.jpg
R0018843.jpg
R0018844.jpg




メイン