FC2ブログ
2018年05月13日

タイヤ考 28~32c

週末のサイクリングに、行く場所によってタイヤって頻繁に変えますか?

ロード用タイヤの23cまたは25c程度の細いタイヤであれば、
もちろんそれぞれ善し悪しあるので、一概には言えないが、
基本的にどれも軽く、道が綺麗であればそれなりに走るので、そんなに気にならない。

それが28c以上になってくると、
重量の重さや、ダートからロード用まで色々あるので、
設計コンセプトの違いで体が感じるフィーリングの違いは、
細いタイヤに比べて大きい。

なので、自分の乗るシチュエーションに合っているのか、
理解してタイヤを選択したほうが、楽しく乗れる。

ということで、最近QUIETに履かせているタイヤを一部紹介。
どれもオールロード、グラベルロードに使えるタイヤです。


コンチネンタル ウルトラスポーツ 28c

クロスバイクなんかによく付いてくるタイヤ。
とにかく安くて、買いやすい。通勤・通学用ですね。
駄目になってもすぐ買い換えられる。

肉厚で肉が残っているうちはパンクには強い。
サイドカットには別に強くない。

乗っていても面白くないです。
乗り心地が固い。だからといって空気圧を下げるとスポンジのような乗り心地。。
趣味用としては無し。

R0020044.jpg
R0020045.jpg


コンパスサイクル Chinook Pass 28c エクストラライト

コンパスサイクルの28cタイヤ。
ロード用としてすごく良い。
一日ロードツーリングしても、体へのダメージは確実に少ない。

重量は230g程度と25cのレース用タイヤとほぼ変わらず、このエアボリューム。
エアボリュームは大きいけど地面との一体感はきちっとある。
すごく良い感じにしなるので、乗り心地は良いんだけど
路面の状態が体に良く伝わり楽しい。
アスファルトの荒れた場所に減速せずに突っ込んでいける。
グリップは最高。

寿命はさすがに短い。
2000kmくらいか。

R0020046.jpg
R0020047.jpg


コンパスサイクル Stampede Pass 32c エクストラライト

コンパスサイクルの32cタイヤ。
林道の半ダートを想定するときや、時にはダートにも使える。意外とサイドカットしない。
すごくフレキシブルで軽量なタイヤなので、低圧にセッティングすれば
ブロック付きタイヤ並にグリップする。
ぬかるみはさすがに駄目だけど。

ラフなアスファルトや半ダートの下りが楽しい。
高速で車体をかなり倒しこんでも不安が無い。楽しい。

気にいっていて使用頻度が高いが、
値段が高いので、サイドカットすると痛い。。

決戦用?ツーリングタイヤ。

R0020041.jpg
R0020042.jpg


パナレーサー グラベルキング SK 32c

完全に林道目当ての時はこれを履いていく。
ほどよいセミブロックが、舗装路でもあまりに気にならないし、
サイドカットに強いケーシングで安心感がある。

乗り心地は意外と固くない。
耐久性とこの辺りが両立できているのは、やはり良い。
グラベルキングの名前は伊達じゃ無い。

パナレーサー、レースタイプAなどのロードタイヤは印象良くないけど、
ロード以外のタイヤは細かいニーズやコンセプトに合わせて、
色々作っていて、面白い。
数さえまとめれば、オリジナルをOEMで作ってくれるメーカーでもある。
コンパスも、グランボアもパナレーサー製だ。
これからもがんばって欲しい。

R0020048.jpg
R0020049.jpg

ということで、いずれのタイヤも取り扱い有ります♥



スポンサーサイト
2018年02月12日

グランボア 取り扱い開始です

トラディショナルな
ランドナースタイルの多くのパーツ類を
提供してくれる京都のグランボア、

取り扱い開始しました~

特に当店では足回り、タイヤやリム、ハブなんかで御世話になりそうです。
手組ホイール推しの当店。
本数、出来の良さには定評と実績がございます!
その辺りもご相談ください。

ポリッシュのリムやハブ、やはり26インチ、650B系のタイヤは充実しており、
他のメーカーには無い特色がありますね~
しかも良心的な価格です。

グランボアカタログ

よろしくどうぞ!

R0018912.jpg
R0018913.jpg
R0018914.jpg






2018年01月16日

コンパスサイクル タイヤ取り扱い開始!

タウンユースや様式好き、というより、
性能やグリップ、軽量性を重視するハイエンド&実走派のイメージがある
コンパスサイクルのタイヤ、取り扱い開始&入荷です。


R0018808.jpg
R0018809.jpg



700 x 28cから44cまで、
650bは38から48まで、26インチも充実しています。

特に、スペシャルなのは700cの32以上は、チューブレスタイヤとして使用できるのが面白いところ。

エクストラライトモデルは35cで300mm前後とかなりの軽量なので、
サイドカットには気を遣いますが、チューブレスならでの乗り心地とグリップ感、
試してみてはいかがでしょうか?
NoTubesのリムなどを使用した、手組ホイールもご相談承ります!


良いタイヤですよ!



2017年10月01日

Surly Ogre シングルギア 中古車の販売です!


Surly Ogre シングルギア 中古車の販売です!
そんなに距離は走っていませんので美品です。
まあこういう車体は多少傷ついて汚れていたほうが格好良いですね。

とはいえ、グリップ、ブレーキワイヤ類などの部分は新品に交換し、
全体的に清掃・分解点検・調整は当店で確実に。

Surly Ogre、カテゴリとしてはマウンテンバイクの範疇になるのですが、
ツーリングバイク色が強い一台となっています。

というのも、荷物を積むための拡張性が沢山有りますね。
フロントフォーク、フレーム各所にちりばめられた、ボトル用のねじ穴。
これがエニシングケージ対応、ついでにダウンチューブ裏にもボトルケージが取り付けられるようになっています。

もちろん通常のラックも前後取り付けられますよ。

あとは荷物以外にも拡張性が。。
現在シングルギア仕様になっていますが、
リアディレイラーも取り付けられますので、多段化も可能。
ホイールも多段用の物をシングルに改造してあるもので、ギアを入れ替えれば、
多段になりますよ。

またブレーキもディスク仕様ですが、カンチ・Vブレーキ台座が付いていますので、
そっちにも仕様変更できますよ。

その辺のカスタムもご希望でしたらお任せください。

あと、前オーナーがフレームから組み付けているので、
パーツ選定にもけっこうなこだわりが。
美しいシルバーのHALOのホイールや、カラフルなクランク、ハンドル、ディスクローターなどが
自転車を彩っております。

価格は
¥120,000(税別)
ちょっとしたオマケ付き!

林道ツーリングはもちろん、ポタリング、普段使いにも。
ロード系とは違った楽しみがあるんじゃないでしょうか?

お問い合わせください。


Created with Admarket's flickrSLiDR.
2017年07月07日

エクストラロングステム 150㎜!

現状で市場にあるステム、3Tとかで140mmまではあるが、
(ちょっと前まで150㎜もあった?)
150mmはほぼ無いと思ったので作ってみました。


フレームが小さくてポジションが出ない方、
本当はフレームを変えた方がいいとおもうけど、
それでもポジションを出したい

またはそもそも小さいフレームが好みの方。

ポジションだしのお役にたてるんじゃないでしょうか?

150㎜のエクストラロングサイズです!

R0017944.jpg


材料はもちろんクロモリ。
ハンドルクランプ径は31.8mmのオーバーサイズ。
コラムクランプ径もオーバーサイズの28.6㎜。

クランプ径は現行で一番メジャーなタイプです。

角度も一般的な-7度。
突き出しの長さだけが特殊です。。


コラムクランプボルトは左側にあるので真横、右側から見るとすっきりタイプ。

R0017946.jpg

R0017945.jpg


こちらの写真は在庫の150mmでなく、
客注品の90㎜ですが、セットするとこんな感じ。

R0017942.jpg


もちろん、ハンドメイドなので、
突き出し量は数ミリ単位で作れますし、
角度やクランプ径も様々なものに対応できます。


ステムの価格は今のところ、塗装抜きの価格で13000円(税抜)。
塗装は乗っていない状態なので、お好きな色を選べます。

塗装は塗料や調色によりますが+¥3000~
程度で考えて頂ければと思います。


宜しくお願いします!



メイン