FC2ブログ
2019年12月10日

コンパス 改め ルネエルス タイヤ

スリック、サイドスキンで軽量、700cなら35c以上はチューブレスレディーといったスペック。
そして、その乗り味やグリップは他の追従を許さないコンパスのタイヤ。
(最近はルネエルスと変名したようですね)

自転車はパーツの集まりの構成物だけど、
やっぱりキモはフレーム、ハンドル、タイヤ、だなと思う。
コンパスのタイヤ履くと往々にして楽しいですからね。

ツーリング用途、グラベル、、
完全にスリックタイヤなので泥道や、湿った草の上は苦手だけど、
ドライな砂利道をハイスピードの中グリップしている感覚はもう、最高です!

またしなやかで軽量タイヤなので、ガレた場所でのサイドカットのリスクは少々高いけど、
タイヤブートを持っておけば大丈夫!

また、耐摩耗性は意外とあるんですね。
高級タイヤによくある1500㎞のったらもうつるつる、なんてことは無いので
そこも良いかと。


R0023294.jpg

コンパスのタイヤは32c以下の細いレンジは除いて、
チューブレスレディとなっております。
チューブレスレディはちょっと前のチューブレス専用のものと比べて
格段にタイヤをはめ込み易くなっています。
もう普通のクリンチャータイヤと変わりありません。
パンクをしてしまったら、普通にチューブをいれればいいですね。簡単です。

正直23c 25c程度の幅のチューブレスタイヤにはそんなにメリットを感じませんが、
ボリュームのあるタイヤはチューブ自体の重さがかなりありますし、
低圧運用によるグリップやクッション性の良さはかなりのメリット。

チューブレスレディーのメジャー化によってこのレンジのタイヤが、
本当によくなりました。

当店でもチューブレスレディーのセットアップを行いますので、
ご相談いただけましたらと思います。

セットアップ


現在の在庫は700cの32c 35c 650bの48㎜幅です!!
無いものもお取り寄せいたします、
チューブレスセットアップと合わせていかがでしょうか?!
R0023295.jpg
R0023296.jpg
R0023297.jpg



全く関係ないですが、
楽しみなイベントが開催企画されているようです、楽しみだ。




スポンサーサイト



2019年11月10日

FOX 40mmトラベル フロントサス

FOX40mmトラベル フロントサスペンション
現在設計している次期・砂利道車用(グラベルロードの範疇)にとりました!

R0023181.jpg




細かいところは調整仕切れていませんが、
こんな感じの車体でございます、リアバックはもう少し400mmくらいに延ばすかな?
メインチューブはコロンブスのZONA、大径軽量パイプ。

日本の林道はアップダウンが激しいですからね。。
下りの優位性や、登りでもガレているところは
前輪取られますから、
このサスペンションの効能は如何に?フィールドテストが楽しみです!
s_谷津(仮)6_page-0001

MTBでばく、あくまでグラベルロード?。
リジッドフォークを挿してもジオメトリがほぼ崩れません、
肩下寸法400mm前後のCXフォークやグラベルフォークがインストールされることを前提としています。


逆にそのくらいの肩下寸法のフォークが入っている
既存のグラベルロードやグラベルグラインダー。
サスペンション試してみてはいかが?

価格はちょっとお高めの95000円(税別)

R0023180.jpg
R0023179.jpg








2019年08月24日

PNWコンポーネント 27.2mm ドロッパーポスト入荷

MTBの世界では当然のように使われているドロッパーポスト。

グラベルロードやCX、オールロードなどなど
ロードベースなAccrossザ・マウンテンレンジな車体にももっとついていていいんじゃないか。

なぜなら、日本のグラベルライドは
時によりイコール山の中の林道になることが多く、
とてもアップダウンが激しい、
ハンドルが低めなロード基体だと、どうしても下りが怖い。

とはいえ、ドロッパーポストはポスト径が31.6mmのものが主流で、
価格も驚くほど高いものも多い。
特にクロモリのグラベルロードなんかには中々つけるもの無い、、

ですがこのPNWコンポーネントであれば多くのクロモリのフレームに合うように
27.2mm径。
しかもドロップハンドルの径に合うコントロールレバーがついています!
(一般的にフラットバーとドロップバーでは径が違います)


R0022894.jpg
R0022893.jpg
R0022895.jpg
R0022891.jpg



トラベル量は90mm。
ポストの長さは下端からレールクランプまで
350mmほど、ご参考までに。

本体価格は税込み¥29500
安くはないが、高くはない?!
取り付け工賃は別途頂戴いたします。

現物ありますのでぜひお近くの方は手にとって見てください。
また当店から遠方の方、発送承ります!
この商品は送料無料、メールにてお問い合わせくださいませ。

R0022896.jpg


また、インストール方法
下記youtube、参考までに




2019年08月13日

チューブレスレディ セットアップいたします

最近ではグラベル用途、ロードプラス関係のチューブレスレディタイヤ、リムが充実してきました。

組み付けはそう難しくはないですが、
チューブレスレディタイヤはチューブレス専用タイヤと違い、
タイヤ内部にシールがされていないので
空気漏れを防止するシーラントは絶対条件。

慣れないとお部屋を汚すことに。。

当店で組んだWTB、XTハブで組んだホイールに組みつけていきます。
R0022796.jpg

ぴしっとストレッチしながら
チューブレス用リムテープを張っていきます。
R0022797.jpg


穴を開けてバルブをセット。
R0022800.jpg


これまたWTBのロードプラスタイヤ。
スキンサイドの触った感じ良さそうなタイヤです、乗ってみたい。
R0022801.jpg


コンプレッサーで一気に空気を流し込み、
一度ビードをあげます。
R0022805.jpg


ビードがしっかり入った状態のタイヤから一旦空気を抜いて、
今度はシーラント。
R0022806.jpg
R0022807.jpg


シーラントが入った状態で再度エアを張り、
シーラントがタイヤ全体に満遍なくいきわたるようにシェイク。

R0022810.jpg



完成です。
ちなみにシーラント剤がタイヤの細かな穴や、テープやビードの隙間を
塞ぎきるのに、何度かエア抜け→シェイク→空気を張る、というのを
繰り返すことが多いのでちゃんとセッティングできるまで、
山奥なんかは行かないほうが無難ですね。

低圧にセッティングでき、チューブドよりもパンクのリスクも減る。
重量面でもタイヤのボリュームが上がるほどチューブも重くなるので、
チューブレスのメリットは大きいですね。

嵌め易さも通常のクリンチャータイヤと変わらない場合が多いですので、
充分選択肢としてありです。

チューブレスレディのタイヤセットの価格の目安はこのくらい。

Stan'sのリムテープ、バルブ、シーラント剤と工賃で ペアで¥8500~~(税抜、リムテープの太さにより価格は変わります)
あとは、タイヤ、ホイールはお持込OKですが、
もちろん当店取りあつかいのものでしたら、ご用意させていただきます!
ご相談ください。

いかがでしょうか??
R0022817.jpg


2019年08月07日

グランボア キレイ テールライト

京都、アイズバイシクルさんのグランボア。

日本のクラシックツーリング、ランドナーの世界では欠かせないブランドですが、

グランボアさん扱いの、キレイ テールライト、入荷しました。

少々ですが在庫、ございます。

ひとつ ¥2800(税抜)
R0022821.jpg


直付け台座の取り付けも行いますよ~

こんな感じの台座を作って、、ねじ切って、
R0022822.jpg


こんな感じで、ロウ付けすれば、スペシャルな感じになりますね。
台座、取り付け加工、ライトとは別途¥3500頂きます。

レストアや再塗装のついでにいかがでしょうか?
R0022824.jpg
R0022825.jpg


上記のような台座加工せずともこのライト、他のライトとは違ったマウントが出来るのが売りです。

ブレーキキャリパーのシューと共締めしたり、といろいろです。
いかがでしょうか~?
R0022826.jpg
R0022827.jpg
R0022828.jpg




メイン