FC2ブログ
2019年08月13日

チューブレスレディ セットアップいたします

最近ではグラベル用途、ロードプラス関係のチューブレスレディタイヤ、リムが充実してきました。

組み付けはそう難しくはないですが、
チューブレスレディタイヤはチューブレス専用タイヤと違い、
タイヤ内部にシールがされていないので
空気漏れを防止するシーラントは絶対条件。

慣れないとお部屋を汚すことに。。

当店で組んだWTB、XTハブで組んだホイールに組みつけていきます。
R0022796.jpg

ぴしっとストレッチしながら
チューブレス用リムテープを張っていきます。
R0022797.jpg


穴を開けてバルブをセット。
R0022800.jpg


これまたWTBのロードプラスタイヤ。
スキンサイドの触った感じ良さそうなタイヤです、乗ってみたい。
R0022801.jpg


コンプレッサーで一気に空気を流し込み、
一度ビードをあげます。
R0022805.jpg


ビードがしっかり入った状態のタイヤから一旦空気を抜いて、
今度はシーラント。
R0022806.jpg
R0022807.jpg


シーラントが入った状態で再度エアを張り、
シーラントがタイヤ全体に満遍なくいきわたるようにシェイク。

R0022810.jpg



完成です。
ちなみにシーラント剤がタイヤの細かな穴や、テープやビードの隙間を
塞ぎきるのに、何度かエア抜け→シェイク→空気を張る、というのを
繰り返すことが多いのでちゃんとセッティングできるまで、
山奥なんかは行かないほうが無難ですね。

低圧にセッティングでき、チューブドよりもパンクのリスクも減る。
重量面でもタイヤのボリュームが上がるほどチューブも重くなるので、
チューブレスのメリットは大きいですね。

嵌め易さも通常のクリンチャータイヤと変わらない場合が多いですので、
充分選択肢としてありです。

チューブレスレディのタイヤセットの価格の目安はこのくらい。

Stan'sのリムテープ、バルブ、シーラント剤と工賃で ペアで¥8500~~(税抜、リムテープの太さにより価格は変わります)
あとは、タイヤ、ホイールはお持込OKですが、
もちろん当店取りあつかいのものでしたら、ご用意させていただきます!
ご相談ください。

いかがでしょうか??
R0022817.jpg


スポンサーサイト
2019年08月07日

グランボア キレイ テールライト

京都、アイズバイシクルさんのグランボア。

日本のクラシックツーリング、ランドナーの世界では欠かせないブランドですが、

グランボアさん扱いの、キレイ テールライト、入荷しました。

少々ですが在庫、ございます。

ひとつ ¥2800(税抜)
R0022821.jpg


直付け台座の取り付けも行いますよ~

こんな感じの台座を作って、、ねじ切って、
R0022822.jpg


こんな感じで、ロウ付けすれば、スペシャルな感じになりますね。
台座、取り付け加工、ライトとは別途¥3500頂きます。

レストアや再塗装のついでにいかがでしょうか?
R0022824.jpg
R0022825.jpg


上記のような台座加工せずともこのライト、他のライトとは違ったマウントが出来るのが売りです。

ブレーキキャリパーのシューと共締めしたり、といろいろです。
いかがでしょうか~?
R0022826.jpg
R0022827.jpg
R0022828.jpg




2018年12月21日

JANDD 取り扱いあります

アメリカ、カリフォルニア発のバッグブランドjanddの取り扱いを始めました。

R0021403.jpg

左上にはオーストリッチのフロントバッグが写っていますが(こちらも取り扱い有り)
これはこれで2室構造の新製品で使い勝手が良いです。
結構容量があるので、財布携帯などの他、ちょっとした羽織る物も入れられますね。

janddは、日本のバッグメーカーには無いカラーセンス、どちらかというと土色系の地味な感じが良い感じです。
あとスリングバッグなんかはフレームを担ぐときの肩の緩衝材になってくれたり、
メッシュパニアも面白いですね。

とりあえず自分用にこのちょうどよいミニパニア。
これを装着するのにラックを作りました。

sdfsi.jpg

このラック、中央のフロントバッグを載せる部分は、Vブレーキ台座にマウントされていますが、
マウントされているステーと分離式になっております。
なのでここだけで使いたいときはこんなかんじ。
R0021409.jpg


ステーをはずして、代わりにパニアラックをつければ、
このようになります。
両パターンいけちゃいますね。
R0021410.jpg


エコノミーパニアを装着、
安定感のあるフロントパニア。
空気抵抗が大きいので、30kmを超える巡航には向かない、とのことですが、
ゆっくりじっくり行くには良さそうですね。
R0021411.jpg







2018年05月13日

タイヤ考 28~32c

週末のサイクリングに、行く場所によってタイヤって頻繁に変えますか?

ロード用タイヤの23cまたは25c程度の細いタイヤであれば、
もちろんそれぞれ善し悪しあるので、一概には言えないが、
基本的にどれも軽く、道が綺麗であればそれなりに走るので、そんなに気にならない。

それが28c以上になってくると、
重量の重さや、ダートからロード用まで色々あるので、
設計コンセプトの違いで体が感じるフィーリングの違いは、
細いタイヤに比べて大きい。

なので、自分の乗るシチュエーションに合っているのか、
理解してタイヤを選択したほうが、楽しく乗れる。

ということで、最近QUIETに履かせているタイヤを一部紹介。
どれもオールロード、グラベルロードに使えるタイヤです。


コンチネンタル ウルトラスポーツ 28c

クロスバイクなんかによく付いてくるタイヤ。
とにかく安くて、買いやすい。通勤・通学用ですね。
駄目になってもすぐ買い換えられる。

肉厚で肉が残っているうちはパンクには強い。
サイドカットには別に強くない。

乗っていても面白くないです。
乗り心地が固い。だからといって空気圧を下げるとスポンジのような乗り心地。。
趣味用としては無し。

R0020044.jpg
R0020045.jpg


コンパスサイクル Chinook Pass 28c エクストラライト

コンパスサイクルの28cタイヤ。
ロード用としてすごく良い。
一日ロードツーリングしても、体へのダメージは確実に少ない。

重量は230g程度と25cのレース用タイヤとほぼ変わらず、このエアボリューム。
エアボリュームは大きいけど地面との一体感はきちっとある。
すごく良い感じにしなるので、乗り心地は良いんだけど
路面の状態が体に良く伝わり楽しい。
アスファルトの荒れた場所に減速せずに突っ込んでいける。
グリップは最高。

寿命はさすがに短い。
2000kmくらいか。

R0020046.jpg
R0020047.jpg


コンパスサイクル Stampede Pass 32c エクストラライト

コンパスサイクルの32cタイヤ。
林道の半ダートを想定するときや、時にはダートにも使える。意外とサイドカットしない。
すごくフレキシブルで軽量なタイヤなので、低圧にセッティングすれば
ブロック付きタイヤ並にグリップする。
ぬかるみはさすがに駄目だけど。

ラフなアスファルトや半ダートの下りが楽しい。
高速で車体をかなり倒しこんでも不安が無い。楽しい。

気にいっていて使用頻度が高いが、
値段が高いので、サイドカットすると痛い。。

決戦用?ツーリングタイヤ。

R0020041.jpg
R0020042.jpg


パナレーサー グラベルキング SK 32c

完全に林道目当ての時はこれを履いていく。
ほどよいセミブロックが、舗装路でもあまりに気にならないし、
サイドカットに強いケーシングで安心感がある。

乗り心地は意外と固くない。
耐久性とこの辺りが両立できているのは、やはり良い。
グラベルキングの名前は伊達じゃ無い。

パナレーサー、レースタイプAなどのロードタイヤは印象良くないけど、
ロード以外のタイヤは細かいニーズやコンセプトに合わせて、
色々作っていて、面白い。
数さえまとめれば、オリジナルをOEMで作ってくれるメーカーでもある。
コンパスも、グランボアもパナレーサー製だ。
これからもがんばって欲しい。

R0020048.jpg
R0020049.jpg

ということで、いずれのタイヤも取り扱い有ります♥



2018年02月12日

グランボア 取り扱い開始です

トラディショナルな
ランドナースタイルの多くのパーツ類を
提供してくれる京都のグランボア、

取り扱い開始しました~

特に当店では足回り、タイヤやリム、ハブなんかで御世話になりそうです。
手組ホイール推しの当店。
本数、出来の良さには定評と実績がございます!
その辺りもご相談ください。

ポリッシュのリムやハブ、やはり26インチ、650B系のタイヤは充実しており、
他のメーカーには無い特色がありますね~
しかも良心的な価格です。

グランボアカタログ

よろしくどうぞ!

R0018912.jpg
R0018913.jpg
R0018914.jpg






メイン