2018年07月10日

中年の集い、飯能から越生を自転車でふらり!

7月8日、当店から一番近く、色んなルートバリエーションが楽しめる、
奥武蔵、飯能ですね、ショートサイクリング行ってきました。

もう夏なので、この辺り走るのは午前中を主に。

午前7時半飯能駅集合、

高麗神社経由で物見山方面を上がり、顔振峠手前まで上がります。
いつもは鎌北湖方面から上がることが多いんだけど、こっちは初めて。
鎌北湖から上がるよりは、緩くて楽ね、良い感じ。

いつもは高麗神社は通り過ぎるだけど、今回は寄ってみた。
そのとなりの高麗王朝をまつった廟にも寄った。
この辺りは7世紀に高麗、今の朝鮮半島にあった一国が滅亡の際、
追われた民が遠く大和の奥武蔵に住み着いたゆかりのある土地らしい。
へ~ぇ、初めて知った。

林道清流線では、かわいいビーグルを連れて、狩りに来た、
11期元競輪選手の斉藤さんとお知り合いになり、
自転車つながりということで話が弾んだ。
戦法は「逃げ」。
競輪時代のこの辺りの街道練習のことや、
乗ってたフレームのこと、片倉シルクなどに乗っていたらしく、
それならその系統を継いでる人が坂戸でフレームまだやっていますよ!なんて盛り上がった。
飼っている猟犬のビーグルは猪に脅かされて、泣きながら帰ってくるとかw

斉藤さんはまだ自転車はレーサーを含めて持っているらしく、小屋に残っているので、
当店に持ってきてくれれば丁寧に復活させますのでぜひ来てもらいたいな~
また乗って欲しい。

会話を楽しんだその後は黒山三滝。
いつもは通り過ぎるけど寄ってみた。
滝開きなどやっていた。
小原さんはなれないMTBでポジションが出ていないのか、
やたら上りで体力を持って行かれるらしく、
滝の前の茶店で、ニジマスとトウモロコシと梅干し、
直後に寄ったパン屋では五個くらい食べていた。
やっぱブルベ系のひとは食べるなー。
並の内臓じゃブルベなんか走ってられないからな、太っている人多いし。

その後テラクラさんは都幾川のほうにある温泉に入りに行くと言うことで、別々に。
ずっと一緒でなくとも走りたいところは一緒に、後は一人で楽しむ、なんて大人のつきあいですね。
こういう距離感はいいですね。

高麗川駅前では、先の元競輪の斉藤さんがやっておられるという
居酒屋をチェック。
今度は寄ってみよう。

今回、大体のルートだけ決めて、
寄る場所などはほぼアドリブ、
予定は決めずにふらふらと走るのも楽しいですね。

ということで、中年男3人のサイクリングでした!
また宜しくお願いします!

36772327_10155940802023089_6593982144731676672_n (1)
36779208_10155940795708089_6613579131315552256_n.jpg
36773132_10155940793833089_646001864873082880_n.jpg
36843216_10155940796763089_9036872719932588032_n.jpg
36860428_10155940797573089_1878953294697594880_n.jpg
36926040_10155940799573089_1908290614273769472_n.jpg
R0020223.jpg
R0020227.jpg
R0020228.jpg
R0020233.jpg
R0020209.jpg
36768148_10155940788758089_6958965338809565184_n.jpg
36747175_10155940794153089_7011249753820233728_n.jpg
36762458_10155940792563089_6838480433731076096_n.jpg
36763522_10155940799813089_8732431805765910528_n.jpg
36763918_10155940794803089_8721645558042722304_n.jpg
36763939_10155940798788089_5970255118421983232_n.jpg
36771308_10155940788363089_3398467927513497600_n.jpg
スポンサーサイト
2018年07月01日

7月8日 飯能~越生 サイクリング


いや、あっついですね~、
昼間の暑さには辟易しますが、
1日仕事したあとの晩酌が最高ですね。

豚肉となすのみそ炒めに、ミョウガときゅうりの酢の物に~
甘唐辛子を焼いたものなんかで、一杯。
すぅ~と夜の涼風が窓から吹き込んできた時、その時だけ!夏っていいなぁと思います。

さて、来る7月8日 日曜日ですが、我がホーム?飯能方面行きます。
暑いので涼しい時間帯が中心、距離もそんなに走りません。
あと今回は完全に舗装路のみ。ヒルクライム中心となります。
ヒルクライムといっても、標高は500mほど。
そんなにきつくないので、あまり慣れてない人でも大丈夫、かな?


飯能・越生 サイクリング

場所・時間
西武線 飯能駅 7月8日日曜日 午前7時半集合
もしくは西武線保谷駅 午前6時半(6時45分の飯能行きに乗ります。) 

走行ルート
飯能~顔振峠~黒山三滝~飯能

所持品
サイクリングを自己完結できる道具類(工具・スペアチューブ等)
ヘルメット

概要
色々なバリエーションがとれる奥武蔵の山々。
その奥武蔵入り口付近をかすめ通ります。

基本、ヒルクライムです。といっても標高差500㎜くらい上るだけ。
舗装路なのでロードでも、MTBでも、クロスでも、大丈夫です。

参加資格
そんなにきつくないと思うので、自転車はじめて間もない方でも。
輪行バックに詰め慣れない方、お手伝いします。


参加希望の方は、7月5日までにメールか電話で御連絡ください。

開催可否
前日の天気予報で飯能方面の降水確率が40%以上であれば中止にします。

(これは奥武蔵ではありません、朝霧~身延の峠からの赤富士)
R0020165.jpg

2018年06月02日

5月27日房総林道サイクリング

先日27日の房総林道サイクリング、
T倉さんとデュオでした。

結構、アップダウンの激しいコースだったのでMTBのポジションだと
登りがきつかったか。
今度は緩いコースも組みます♥




どんな自転車でもハンドルセッティング大事だけど
こういう林道とか、クロス的なシチュエーションの場合、
ロードとも、MTBとも違うセッティングが良い場合が多い。

上りでも力で踏み切ったり、
下りもシビアな場合が多いので、
ポジションが出ていないと、ほんと力が出ない。

セミドロップやダートドロップと呼ばれるハンドルに使いやすいハンドルが多い。
今はこれ。
ディズナ バンディークロス。
1km1.jpg

ドロップ部の指のかかりはNITTOのRM-3がダントツに具合がいいけど、
ブラケットを握ったときと、ドロップを握ったときの上下のバランスがいい。


R0020081.jpg
R0020086.jpg
R0020094.jpg

帰りは、鴨川から輪行。
缶ビールを1本飲み、爆睡しながら東京へ帰還、
また宜しくお願いします!




2018年05月15日

5月27日 富津~~鴨川 林道ツーリング

来る5月27日 日曜日ですが、南房総方面サイクリング行きます。
案内、、というほどではありませんが、一緒に遊びに行く人募集、です。

富津~~鴨川 林道ツーリング

場所・時間
JR錦糸町駅 5月27日 午前6時半集合
錦糸町駅発 千葉行きの 7:00発の列車で行きますので、
輪行袋へつめる時間等考慮し、少し余裕をもって集合。

走行ルート
上総湊~保田見地区~山中~横尾~大山地区~鴨川
距離約50~60kmくらい?

所持品
サイクリングを自己完結できる道具類(工具・スペアチューブ等)
ヘルメット
お昼ご飯・補給食(上総湊駅のそばにコンビニがありますが、林道には補給できる店はありません)

概要
南房総の内房から外房まで、牧歌的な人里を通過しながら、
ほぼ半ダート・ダートの林道でつなぐ、楽しいルートです。

丘陵地帯の林道なので、基本アップダウンの連続。それなりにハードです。
基本ダートなので、純粋なロードじゃキツいです。
場合によっては、歩きます。
700cであれば、32cあれば楽しめる、、と思います。

参加資格
少し、ハードめなコースなので、それなりのサイクリング経験があれば、と思います。
とはいえ、エスケープルートは豊富に有り、県道にすぐ合流できる場所です。
緩い感じのサイクリングは別に企画します!

参加希望の方は、5月23日までにメールか電話で御連絡ください。

開催可否
前日の天気予報で千葉方面の降水確率が40%以上であれば中止にします。


akakka.jpg







2018年05月01日

2週連続 房総ツーリング

ここ2週間、週末になると、南房総の林道ツーリングに通ってる。
今日もまだ週の初めだというのに、次回の房総ツーリングのことが頭に占拠。。

ということで、近々当ブログにてツーリングお誘いしますので、
いけるかたはぜひ。

ところで、千葉県の房総半島。

自転車でツーリングするにはほんと絶好のロケーションで、
海、山、山って言っても大きい峠はなく、
延々と続く、丘陵地帯と点在する町と集落がすごく牧歌的で走っていて楽しい。
ルートバリエーションも豊富で、県道・町道・林道、ロードでもMTBでも楽しめる場所はたくさんある。
しかも、交通量が神奈川などに比べ、圧倒的に少ない。

自走で行くにはちょっと遠いので、電車や車をつかえば、、
特に車だと、東京方面からはアクアライン経由ですぐ。

電車だとちょっと遠いけど、JRからは
サイクリスト専用の列車、BBBASEなるサービスが。
房総各方面、銚子・外房・内房・内陸に向けて、輪行袋を使わずに自転車の積み込みができる、急行列車。
あとはレンタサイクルやメンテサービス、ルート案内までしている様。
こんなを利用するのもいいと思う。

林道は、長大なものはあまりないが、短い林道が毛細血管的にはしっている。
ダートに関しても、短いものをつないでいけば、
例えば内房から外房まで、ほぼダートと半ダートで走破することができる、
いわゆるオールロードやグラベルロードで楽しめるシチュエーションが豊富にある。

R0019606.jpg
R0019898.jpg
R0019584.jpg
R0019585.jpg



ちなみに、自転車は当店のオールロードバイク、QUIET
時には25cタイヤを履いて、ハンドルは通常ドロップにすれば軽めのロードツーリング車。
ダート用のハンドルにして、タイヤを32~35cに履き替えれば、
アグレッシブに林道ツーリングを楽しめるグラベルロードになります。

ちょっとしたダートや半ダートを走る際にハンドルセッティングとタイヤは大事。
ロードのセッティングそのまま、よりちょっと変えた方が良い、場合が多々。

色々試しているけど
今のセッティングNITTOのRM-3にしている。
セミドロップハンドル。
このハンドルのドロップ部を握って
急変する起伏に対応するため、体をコンパクトにしてグッと坂を踏み切るのが楽しい。

いずれもセッティングの仕方にクセ有り、
ご相談ください。

HBNIRM3_P1.jpeg











メイン