FC2ブログ
2018年07月18日

ストリートBMXにディスクブレーキ台座取り付け

いつものディスクブレーキ台座取り付けの加工、

今回はいつもと違い、一手間かかりました。

こんなニーズもあるのかな?なんて今後の展開も期待もしてます。


今回の仕事の条件

・ストリート用のBMX、エンドスロットが14mm幅。
・エンド幅120mm
・14mmシャフトのハブじゃなくて、普通のピストハブを使用。さらに本来小ギアが入るネジにディスクローターをつける。


上の条件だけでも大分、頭をひねってしまいます。

元々はエンド幅110mmのフレームをお客さん自身で120mmまで広げられました。
さすがに頑丈なBMXフレームをディスクブレーキのハブが入れられる135mmまでは広げられません。。



なので、普通のピストハブのコグが入る部分にローターが取り付けられる
魔改造用のアダプタを使用。
これで120mm幅のエンドにローターが付いたハブが入れられます。

R0020246.jpg



ところがお預かりのフレームのエンドスロットの幅は14mm。
普通のスポーツ車や現行のピストのリアエンドのスロットの幅は10mm。
BMXは普通の自転車とは違い、独自の進化をしているというか、ガラパゴス化しているというか、
使い方が全く普通の自転車とはかけ離れているので、必然なんでしょう。

当然持ち込まれたノバテックのピストハブは10mmシャフト。

これをこのフレームで使うには10mm→14mm変換アダプタが必要です。
プロファイルなどで製品としてあるみたいですが、
国内のショップにあるものを探すより作った方が早いと言うことで、作ります。

これでこのハブが正常に使えると思います。
R0020250.jpg



ジグも作りました。
台座を溶接するためのジグ、
それを14mmスロットで保持するダミーアクスル。

R0020244.jpg


これでこのようなストリート用のBMXに台座を溶接できます。

R0020248.jpg


あとはいつも通り、つけるだけ。
R0020255.jpg



本来のBMXの遊び方だと、ディスクブレーキなんて邪魔なだけなんでしょうが、
それを街乗りにするとか、ダウンヒルに使うとか、良いのかも知れませんね。
相性は悪く無いっす!

いかがでしょうか?
R0020245.jpg








スポンサーサイト
2018年07月11日

GIOSクロモリにディスク台座

定番、ディスク台座取り付け。

ちなみにディスクブレーキ台座の規格、色々とありますが、
当店でメインにしているのはインターナショナルスタンダードというもの。

こういう形です。
R0020179.jpg


ここ数年、ロード系ではフラットマウントという規格、
ロードのルックスに適合するようコンパクトにチェーンステーに台座を収めたもので、
140mmローターをデフォルトに置いたものです。

フラットマウント

ブレーキキャリパーを収めるスペースが
チェーンステーとシートステーの間に充分ないと
取り付けられなかったりすると思うので、
カスタムではフレームの形状によってはインターナショナルスタンダードしか出来ない場合もあります。

新しくフレームを作るときには
フラットマウント台座付のエンド小物がすでにあるので、
それを使っていますが、
既存のフレームのカスタムではジグを持っていないため対応していませんでした。

ですが、そろそろ当店でも対応しようかと思います。
ジグを用意したら告知しますのでよろしくお願いします。


バックを135mmに広げます。
5mm広げるだけなので、ブリッジははずしません。

R0020177.jpg

つきました!
R0020180.jpg



2018年06月27日

競輪ピストを135mmバック化

競輪ピストフレーム、kiyoミヤザワのフレームを大胆にも
エンド幅を135mmに広げて、
カンチブレーキ台座と、discブレーキ台座をつけました。

恐れながら、、
R0020170.jpg

そのままではバックは広げられないので
一旦ブリッジの類いは取り除きます。

R0020169.jpg

バックをぐいっと広げて!
120mmから135mm。
R0020171.jpg


広げたあとはブリッジを付けなおします。
R0020172.jpg


あとは必要な台座類を着けていきます。
R0020174.jpg
R0020178.jpg


シングルスピードMTBの台頭、というほどでは日本ではないようですが、
エンド幅135mm対応のシングルDiscハブは現在それなりに出てきているようです。

それらを活用すべく、このようなフレーム改造、ありなんじゃないでしょうか。

それにしてもこのフレームも生まれたときにはこんな風に改造されるとは思ってなかっただろうに。

2018年05月12日

アルミフレームのDiscブレーキ台座取り付け

Discブレーキ台座の取り付け、やはり需要が多い。

リムブレーキのホイールがもう無いからな~~。
昔のフレームは引退するか、こうして改造するしかない。


今回はこちらのフレーム。
R0020026.jpg

ざぐって、セット。
R0020027.jpg

つきました!
R0020035.jpg

ということで、
どしどしお待ちしております。



2018年04月17日

いつもと違うディスクブレーキ台座取り付け

定番改造ディスクブレーキ取付、

ですが、今回はいつもと違います。

今まではスチール(鉄)系のフレームのみ受け付けていましたが、
今回はアルミニウム。

アルミに関しては、金属の特性、また技術的な理由で
できないことも多いですが、
状態、条件によってはアルミも一部受付致します。

お問い合わせください。

R0019528.jpg
R0019529.jpg
R0019530.jpg





メイン