2017年05月26日

壊れたサーベロのFメカ台座 

狸サイクルからの依頼。一昔前のサーベロ。

アルミのFメカ台座が割れてしまった、ということで持ち込まれた。
Fメカのワイヤーの張力にやられたか、はたまたネジの力による物か、、
柔らかいアルミ、割れやすいよね。


R0017625.jpg


フレーム製作に使うときの小物として、直付け台座があるので、
それを使ってサーベロに合うように作った。

これが小物。
R0017624.jpg



サーベロのシートチューブの外径Rにあうような鉄パイプに
同じ穴位置でリベットがかしめられるように、穴開け。

R0017626.jpg



サーベロのシートチューブに仮止めしておいて、
実際にクランクをはめて、台座の位置を現物調整します。

R0017627.jpg
R0017628.jpg


あとはロウ付けするだけ。

あと、この作業をしていて、
53T-39Tのノーマルギアから、44Tー30Tなんてスーパーコンパクトまでいける、台座なんて
作ったら面白いかも、なんて話を狸サイクル店主と話していた。

R0017632.jpg



ということでサーベロはこの通り再生。
ありがとうございます!

R0017701.jpg
R0017702.jpg








スポンサーサイト
2017年04月03日

将来のツーリング用シート? バナナシートステー



クルーザーなどで使われる、バナナシート。
この後ろにぐっと伸びたサドルを支えるためのステー。
ロング化です。


通常のサドルでは考えられないほど、座れる幅の広いバナナシート。
これまである種のファッション的な存在としてとらえられ、
ビーチクルーザー的な車体につけられることがほとんどなこのシート。


こいつをまた別の角度から再評価し、
例えば将来の高齢者ツーリング用のサドルにして、、という狸サイクル店主の構想。

ただ、、ペダリングやポジションの面から、
バナナシートを支えるステーを長いものに変える必要がある。

ということで、
今回はオリジナルのステーに、パイプを中継ぎして、ロング化です!

今回のご依頼、車体の全容は狸サイクルブログをご参照ください~
狸サイクルの記事


さて、ステーの延長です、
これがオリジナル。
R0017176.jpg


今回は中継ぎで延長するので、ぱつっと切っちゃいます。
R0017177.jpg


そこにこの延長用のパイプを中継ぎ。16mm径の1.6mm厚です。
R0017178.jpg


写真のように一回りサイズの小さいパイプを中継ぎ補強用として突っ込み、
延長パイプを差し込みます。
R0017180.jpg


中までロウを流し込み、、
完了です。
ロウ付け部が外れることは、ありません。
R0017179.jpg


メイン側にもくっつけて、ロング化完了!
R0017183.jpg



10年後には、このロングステーをつけた高齢者サイクリストが、
別に高齢じゃなくても良いんだけど、
そこら中を普通に走っている、なんてなっているかも、、

新たな潮流を作るべく、、西東京発の仕掛けです!




2017年02月27日

稲妻ピラー

クルーザーにお乗りの方から、こんなご依頼をいただいた。

シートが寝すぎていて、ペダリングしずらいからサドルを拳一個分前に出したい。
だから、稲妻型にしてほしい。

写真の車体は当店在庫の固定ギアままちゃり。
R0016933.jpg


シートが寝ていてゆったり乗るのがかっこいいのになぁ~、
と思っていたが、作って車体につけてみると意外といいな、コレ。


元のシートピラー。
R0016870.jpg


これを切断し、クロモリパイプを入れます。
R0016871.jpg


突き合わせをザグり、水抜き穴もきっちり開けます。
R0016872.jpg


仮付け。
R0016873.jpg


本付けします。
R0016874.jpg



まだまだ作業は続きます。

追加したパイプの両端の空洞をふさぐため、鉄板で蓋。
ロウを回します。
R0016875.jpg


次に補強板を追加します。
おそらくこのまま乗ったら、折れるか曲がるかするはずなので。

3mm厚の鉄板から、適当な形状を削り出します。

R0016880.jpgR0016881.jpg



付きました。
補強板は左右2枚ずつ、多少スタウトメンが乗っても大丈夫、、なはず!
ヤグラのボルトを開け閉めするためのアレンキーの邪魔にはなりません。
R0016882.jpg




軽く仕上げて完成・・・っ!

R0016936.jpg

R0016937.jpg

R0016938.jpg



補強板が入ったことで、稲妻感は薄れましたが、いかがでしょうか?

雷鳴轟く、稲妻ピラー、ライトニングシートポスト!

喜んでお受けします!


R0016935.jpg
R0016934.jpg





2016年09月10日

何昔か前の折りたたみ、レストア

何昔か前の折りたたみ自転車、
狸サイクルにレストアをご依頼いただいた車体の仕事です。

まずはフレームの再加工、パーツの洗浄・錆落とし・グリスアップ~~、
それからハブシャフトの加工~~それから再塗装。

レストアのフルコースでございます。。

柳の仕事はフレームの加工。
一カ所でレストアフルコースの工程のほとんどを完結できるというのは、
連携仕事をやる上で大分有利なのであります。

こちらのフレーム、これを再加工するそうです。
最終仕上がりまでかなりの手数を要するため、それなりの費用がかかります。
古いフレームをそこまでさせていただくというのは、相当な思い入れがあるのでしょうか・・
R0015493.jpg


まず、このレバー台座・ガイドを取り外し。
綺麗に仕上げます。
R0015494.jpg
R0015496.jpg

内装ワイヤ用の入り口、
元は1個しかあいていないのですが、
リアメカ用とリアブレーキ用の計2個。

その2個の補強小物を見た目をそろえたいということで、
元の小物を外し、新たに2個取り付けます。

R0015497.jpg
R0015499.jpg
R0015500.jpg

塗装後の写真になりますが、

ホイール径を小さくし、ブレーキの位置も変わるため、ブレーキブリッジをつけ直ししました。

また、泥よけ固定用のねじ、これもブリッジ下に取り付けていあります。

テールライトの台座も取り付けました。
シートチューブにはワイヤの出口を設けています。
R0015764.jpg
R0015768.jpg


メインチューブ・シートチューブにはボトルケージが設置できるようボス穴を設けています。

R0015761.jpg
R0015762.jpg


こんな感じで、フレームに再加工を施し、
狸にバトンタッチ。
その模様は狸サイクルブログにて、じきその模様がアップされるでしょう!

全ての行程を終え、蘇った車体です。
塗装は基本単色に見えますが、車影のアウトラインがきっちりするよう、
ぼかしや陰影の技術をとりいれているそうで、かなり良い感じの仕上がり。



何昔か前の折りたたみ自転車、あと何廻りするんでしょうか。。


R0015760.jpg
2016年06月04日

フォークアライメント

徐々にですが、フレーム・フォーク関係の修理・改造も開始していきます~
一例です。

【症状】
・フォーク右足のオフセットが左に比べ2.5mm大きい。なので曲がって見える。
・なぜか右足が1mm長い、ので車輪が真っ直ぐ入らない。
・フォーク爪があっちこっち向いている。結果、クイックを閉めこんだときに車輪がずれる。

【対処】
・曲げ器でフォーク足を少々曲げなおし、左右のオフセットを揃える。
・爪のスロットにヤスリを入れ、足の長さによる車輪の傾きを是正。
・エンドアライメント器でフォークの爪の向きを均一に、クイックを綺麗に閉められます。

狸サイクルとの連携仕事の一例ですが、出来ることはやっていく!をモットーに。まずはご相談を。

R0015434.jpg

R0015433.jpg

メイン