FC2ブログ
2018年08月05日

エンド交換!

自転車をなんらかのアレで倒してしまう、
転んでしまう、真っ先にダメージを受けるのがこれ、
リアメカ廻り。

大体、リアメカをぶら下げているハンガーが先に曲がります。

軽度であれば曲げ直し、
カーボンフレームやアルミフレームに付いているハンガーは、
曲がったら交換、の考え方ですが、
鉄はある程度修正が可能です。が、
ここまでいっちゃうと、、

R0020314.jpg
R0020315.jpg

曲げ治すより、新しいものを溶接しなおしです。

最初は板材でハンガーを自作して溶接しようかと思いましたが、
エンドのスロットも大きく開いてしまっているので、
これを綺麗に成型する手間を考えると、エンドそのものを交換した方が良いな、との判断です。

古いハンガーを切り外し、新しいものがエンドを入れます。
左右のエンド位置が少しでもずれると、ホイールが真っ直ぐ入らなくなるので、
ちょっと気を遣います。

R0020316.jpg
R0020317.jpg

入れ替えの完了です!






スポンサーサイト
2018年07月14日

ノートン、芯だし作業

フレームの歪み、乗り方にもよりますが長年乗っていれば、
材料が何であれ大なり小なり歪みは出てくるものだと思いますが、

ノートンのクラシカルなツーリングフレーム、その狂いとりの作業。

今回はフォークが結構いってました。

正面から見て→に寄ってる。
R0020238.jpg

定盤に載っけてみると、明らかに芯ずれです。
R0020239.jpg

ということで、ぐいっ曲げ治して
フォーク足がセンターに来るように曲げ治します。

このフレームは柔らかいので楽です。逆にいうと狂いやすい。
焼きが入ったフレームやBMX系のフレームは曲がらないもんなぁー。

矯正後ホイールをはめてみる。

真っ直ぐ入らない。
R0020241.jpg


実は芯だしの要素は大きく分けて2点。
足の左右のずれ、これは今矯正したところ。
もうひとつは縦方向のずれ、この場合左右の足の長さ。
思った通りはかってみると右足が1mmくらい短い。

こういう場合はエンドのハブ軸が収まる部分を切削して左右合わせます。

R0020240.jpg


真っ直ぐ収まるようになりました。
R0020242.jpg


今回はフォークだけで無く、
フレームもきっちりアライメントをかけています。

レストアや寝かせていた古いフレームを再度現役に戻すとき、
ぜひアライメント、芯だしを行ってから組み付けると気持ち良いと思いますよ。
お代は程度などにもよりますが、ばらした状態で持ってきてもらって
フレーム・フォークで¥6500~¥10000程度。

R0020254.jpg


よろしくおねがいします。




2018年06月12日

ヤマグチの運搬車、ハンドル加工

独特な美意識がある、昭和の運搬車。

これを現行パーツで再度組み直し、、?前に似たようなコンセプトでフレームを作ったことが。。
これか。
29+を使ったトラッカー(運搬車)、写真では荷台が付いていませんが、でかい物がつきます。

思えばこの車体は外国人が買っていき、今は上海に。。元気にやっているだろうか。

話を戻すと、レストアの大半は狸サイクルで。
今回はハンドルの加工。

元に付いているハンドル、ステムとハンドルが一体になっている。
このハンドル形状が気に行っていて今後も使いたいが、
現行のハンドルで似たようなモノが無い、、ということで、
これを一体型から切り離し、ステムを交換して使えるハンドルにしました。

ステムと一体のハンドル。ロッドブレーキの台座も要らないですね。
R0020030.jpg

これ、少し手を入れてありますが元の車体。
R0020029.jpg


切っちゃいます。
R0020032.jpg

ばらしました。
R0020033.jpg


途中、写真の撮り忘れで、経過を見て頂けませんが、
最終的に、25.4mmクランプのステムで掴めるよう、
1インチパイプを被せ溶接。
メッキを掛けました。

提携のメッキ屋さん、綺麗に仕上げてくれました。
メッキって処理槽に着けるだけで無く、下処理の剥離・研磨が大変なの、、メッキって。

R0020114.jpg


組み上がり。
乗ってたら目立ちますね。いいですね。

R0020117.jpg
R0020118.jpg
R0020119.jpg
R0020120.jpg


2018年05月31日

ラック修理

ニットーのキャンピー。
長期自転車旅行の定番ラック。

クロモリパイプを使っているそうで、丈夫かつ、
アルミに比べ鉄系は溶接が簡単なので、例えば旅先で壊れた場合にも、
町の小さな工場に頼めば修理もしてくれる場合が多い、というのが定番の理由、だと思う。


しかし、、
確かに丈夫な10mm径のパイプを使っていて、
ラックそのものは丈夫なのだが、
このキャンピー。
センターラックとサイドラックが別体になっていて
ボルトでつなぎ止めるのだが、そのボルトの頭を受ける板材。
ここが良く折れる、とのこと。

前回の長期旅行でも何回も折れて、
旅先で治してもらったのだけど、
次回の長期旅行、(アラスカから南米まで行くらしい、、)
ここに関してはノートラブルで、ということで、
もっと丈夫にして欲しいとのこと。

厚さ3mm。
確かにラックのごつさに比べ、華奢だ。
もっとヘビーデューティにすればいいのに。
R0020097.jpg
R0020096.jpg


と、いうことで、
倍の6mm厚の鉄板から切り出すことにした。


R0020099.jpg


小物を溶接、
軽くメッキ補修用の塗料を吹いて、終わり。

厚さも倍になり、
溶接面も広く取ってあるので、
もうぽろっと取れないと思うよ、多分。


アラスカから南米か、、
遠いなぁ、2年くらいかかんの?
道中の無事を祈る。。

R0020102.jpg
R0020103.jpg


2018年04月05日

2m級がごろごろ

某外国の方、御来店。

普段使いの自転車が欲しいと言うことで、
男性で身長は180cmにみたないくらい?だが
ベースになる車体を跨がらせてみた物の
どこに隠れていたのか、蛇腹のように長い足がにゅるっと出てきた。
シートポストの長さが足りないと言うことで、延長。

身長190cm Overのわたし。
おしゃれ盛りの高校生の時分は困った。
今はヤフオクやらなんやらで、手軽に手に入る。

自転車は、、スポーツ系はサイズ600mmや620mmなんてのが、
通販で手に入る、在庫を持っている店は普通はないけどね。

うちなら有りますよ、ロードとツーリング車でジャイアント向けの試乗車が。
しかもいつでもあり、なんつっても自分で普段乗っているので。

そんなわけで規格外フレンドリーな当店。

狸サイクル鉄板のままちゃりベースの改造車ですが、
これ、また実によく走る!
予算的には改造内容に寄るけど、
入門クロスバイクと同じくらいの価格から、普段使いのよく走る車体ができるよ。
ジャイアント(台湾の)クロスバイクを買うくらいなら、こっちだよ!

長くしたポスト
R0019405tate.jpg

股下95cmの人用サドルセッティング
R0019408.jpg

見た目は普通?じゃないか
R0019407.jpg

懲りずに23c
R0019409.jpg

車輪はかっちり組み直しております!
変速機もばっちり外付け、フィーリングはいいですよ
R0019410.jpg


いかがでしょうか?






メイン