FC2ブログ
2020年11月06日

27.5 固定ギア

新しい流れなのか
ギアの構成もシンプルなものが求められることも多くなった気がする。

新しくリリースされるコンポーネントが12速、13速、もう14速なんてものあるの?
調整をシビアだし、チェーンは細いし、リアメカ、スプロケはでかいし、
一部の人や使い方にはメリットはあるんだけど、方向性が似たり寄ったりだし
こういう方向が進化なのか?という疑念もあったりなかったりですが、、

一部のMTB系のギアセットや、ボックスコンポーネントみたいなものより戻し的に出てきたけど
もっとシンプルで品質の良いものを企画生産してくれるメーカーがもっとあってもいいと思うんですが


そんななか、ダイゴマンから650Aランドナーフレームに27.5incタイヤ、
フロントチェーンホイールはWギアで、後ろはシングルで固定ギアで乗りたいということで
エンド交換の改造の依頼。


このフレーム、この時点ではシマノのストレートドロップエンド。
IMGP2098.jpg
IMGP2099.jpg



それを入れ替えました!
今回はエンドのデザインとシートステーの角度や長さが合わなかったのでシートステーも入れ替え!
リアはシングル固定で乗るんですが、フロントがWギアなのでRDは変速には使いませんが
テンショナー代わりに入れるということでハンガー付きホリゾンタルエンドです。
IMGP2102.jpg


ブレーキ位置も合わなかったので付け替えて、、
IMGP2104.jpg



ホイールもダイアコンペのピストハブと650Bグランボア製銀リムで ぎらりと格好良く組み上げて、
ちなみにこんな仕様は手組でしかできませんし、手組ホイールは得意なので
お問い合わせくださいませ。
IMGP2105.jpg
IMGP2106.jpg



完成!!

固定ギアといってもトラックレーサーばかりじゃないし
こんなので田んぼのあぜ道、田舎道サイクリングは楽しそうですね!
林道なんかも
ここは轍が深いから右からこう入って、あそこのラインをこう行きたいんだけど、
大きめのギャップが手前にあるから、できれば右足が45度くらいに来たところでそのギャップを超えたいなぁ
なんて頭をフル回転させながら乗るのも楽しそうです!!


IMGP2107.jpg
IMGP2108.jpg

スポンサーサイト



2020年10月29日

トライアル練習用のストライダーにSSとりつけ

20インチの大人用ストライダー。

このドライブがついていない自転車というか2輪車を
お子さんと遊ぶ、トライアル練習用に使っているという。

だがこのストライダー、シートステーがない。
これで飛んだり跳ねたりしたら折れますよね~

ということで割れたところを補修 + シートステー追加。


この20incストライダー
IMGP2061.jpg


あれ?
IMGP2062.jpg


チェーンステー裏、割れ
ちなみに マキシマムライダーウェイト 110kgてラベル貼ってあるけど
最大110kgの人が乗って大丈夫てこと?ほんとかよw
IMGP2063.jpg


割れたところにロー付
IMGP2065.jpg



シートステー付けたし
IMGP2064.jpg


とりあえずこれで試してもらいましょう!
ありがとうございます。
IMGP2066.jpg
IMGP2068.jpg





2020年09月20日

横から突っ込まれたアンタレス

横から突っ込まれたアンタレスのロードフレーム。


シートステーに凹み。
それから内側に少々曲がっていたので、
ロー盛りで凹み修正と、曲がりをできるだけまっすぐに矯正しました!

2週間ほどブログさぼってしまいましたが
それなりに忙しくさせていただいております!


お困りごとご相談くださいませ。。


アンタレス、昔は国内生産。
IMGP1810.jpg


凹み箇所にロー盛り
IMGP1811.jpg

やすって仕上げます。
IMGP1814.jpg


あとは部分塗装。
ステーもほぼまっすぐに見えますね。(最初は明らかに曲がっていた)
ある一定以上曲がってしまったりパイプにひしゃげたりした跡がある場合は基本交換ですが、
軽度でしたので、修正が効きました。

完全な板金修理とはいきませんが
それなりに復活です。

IMGP1818.jpg
IMGP1817.jpg
IMGP1816.jpg


2020年08月06日

キャンバス

最近よく来てくれる、カップル。


素掘りのトンネル、林道、バイク、金属加工、絵画、写真、そして自転車
多方面にくまなく伸びる好奇心と行動力は彼らの人間性を形作るのでしょぉか。。
ご両名とも、何でもやりたがり。
そんな彼らと話していると面白いし、刺激にもなります。

そんな彼女のためを思い、
彼のほうがブレーキブリッジに細工をしようとしたのでしょうか 笑
穴が馬鹿になっています。

IMGP1644.jpg


交換です。
IMGP1648.jpg


全体像を取るのを忘れてしまいましたが、
彼女は画家さんでもあります。
シンプルである意味退屈な見た目のフレーム目いっぱいに
箔を張り付けるような方法で絵を入れているんですけど、
結構毒づいた、おどろおどろしいけどポップ、、好きです。

時々、個展を開催されるよう(都内などでも)ですね。


先日制作させていただいた、超ショートステムにも。(目と柳サイクル)
image0.jpeg

サイコロがない??
IMGP1659.jpg


フォーク足にも きゃすぱー
IMGP1653.jpg


タランチュラの体毛のよう
IMGP1655.jpg

ヴィデオ
IMGP1656.jpg


実はヘッドバッジのデザインも考えてくれているということで、
超楽しみ!!




2020年07月25日

イージーリンコウ

くすんだワインレッドが渋いパシュレーのツーリング車。

この車体を輪行しやすいようにと、諸々改造承りました!

IMGP1614.jpg




まず、グランボアさんの
Easy RINKOという製品をとりつけるように、フレームの改造です。

雨の日にがんがん乗る、長期間のサイクリングに出る、といったときに
泥除けは欲しいな、と考える人も多いのではないでしょうか。
ですが、この泥除け、慣れていないと取り外し・取り付けが難しい、、
輪行の時にはこのことが弊害となって、本当は泥除けつけたいんだけど、つけない方も多いのでは。。

このEasy RINKOは少しでも泥除けの脱着を楽にしようというものですね。

まず、ブレーキブリッジ下にですが下側にダボが向いていないとEasy RINKOが使えないので
ダボを取り付けました。
ダボについているのがEasy RINKOのフレーム側の金具です。
IMGP1597.jpg


火が入って、塗装がだめになりますので、部分塗装。
塗料は調色して作りますが、オリジナルの色とは微妙に違います。
オリジナルと後から塗ったものとの境目をなるべく目立たせたくないので、
下地を丁寧にやすって、うまいことぼかして、あとは仕上げで。。
結構気を使いますね。
この辺りはあくまでも部分塗装、ということでほどほどに。

IMGP1610.jpg


泥除け側にもEasy RINKO金具を加工して取り付け。
本来、泥除けの裏側から工具を入れなくてはならなかったのですが、
上からアレンキーでボルトを回し脱着できます。

駅の改札前で自転車ひっくり返して、工具を入れるのも中々苦痛ですからね。
IMGP1611.jpg


チェーンステー側。
こちらは工具を使用せず、泥除けの先っちょを差し込むだけです。
ぐっと差し込むので振動で外れたりはしないでしょう。

こんな感じで、グランボアのEasy RINKO、泥除けが少し身近に感じる製品ですね
IMGP1609a.jpg







今回はさらにオールドスクールな輪行方法の定番、フォーク抜き輪行のために
これまたグランボアさんの輪行ヘッドセットをインストールです。

上玉押しはローレット加工がついて手回しできて工具いらず。
ロックリングもヘッドスパナではなく、携行に便利なコンパクトなカニ目レンチ様です。
工具付きバージョン。
IMGP1605.jpg


セットしました。
さすがにきれいな仕上げですね。
IMGP1608.jpg




このヘッドセットを使って、ヘッドスパナを使用せず開閉するには
フォークコラムに回り止めの溝が必要なので切削です。

フライスで溝切。
IMGP1575.jpg

ダイスできれいに仕上げます。
IMGP1576.jpg
IMGP1577.jpg



IMGP1612.jpg


グランボア、本所各種取り扱いございます!
今回は輪行仕様ですが、もちろん普通に取り付けも行います。

泥除け、つける派つけない派、時々いがみ合う人たちもいますが、、
私はそういうの、、関係ございません 笑!どっちもウェルカム!
お気軽にお尋ねください。

IMGP1642.jpg



メイン