FC2ブログ
2017年01月27日

For Beijing

Sさん、ツーリング用バイク。
先日のハンドメイドバイシクル展にも出展させて頂いたが、
改めて撮影したので、ブログにアップします。



R0016514.jpg



◆ 主な仕様
   ・ディスクブレーキ 
   ・フロント100x15mm、リア142x12mm スルーアクスル
   ・最大タイヤ幅 700 x 35c
   ・泥除け、リアキャリア装着可
   ・シートステー4点止め

◆ ジオメトリ
   ・トップ長(仮想ホリゾンタル)長  : 545mm
   ・シート長                : 480mm
   ・ヘッド長                : 95mm
   ・BBハンガー下がり         : 73mm
   ・ヘッド角                : 71.0°
   ・シート角                : 74.0°
   ・チェーンステー長          : 440mm
   ・フォークオフセット          : 55mm

◆ 使用パイプ
   ・タンゲ プレステージ、チャンピオン混成

◆ パーツ構成
   ・メインコンポ シマノ105
   ・スギノマイティークランク
   ・Stan's チューブレスリム x DTスルーアクスル11sロードハブ 手組み
   ・IRC 砂地、粉塵が多い舗装路向けのチューブレスタイヤ
   ・オリジナルステム

◆ フレーム価格
   ・179000円(税抜き・単色塗装オプション込み)


R0016523.jpg
R0016531.jpg


メインパイプは軽さと丈夫さを両立するため、
一部プレステージ、後はチャンピオングレードを使用しています。


ブレーキ廻り、スルーアクスル、ディスクブレーキです。
今回はメカ式ですが、フォーク足は丈夫なものを使用していますので、
制動力の高い油圧でもオッケーです。


ディスクブレーキ、メンテ性を考えると一長一短ですが、
特にスルーアクスル、油圧の組み合わせはのソリッドなブレーキコントロール性は大きな魅力です。

乗用車を運転していてブレーキを踏んだときに、
車のフレームや車輪がたわむ感覚は、通常感じませんが、
まさにそんな感じ。
指先の加減だけでブレーキをコントロールする感じ。


R0016569.jpg
R0016534.jpg



塗装は、狸製、漆模様です。

今回もいい感じに仕上げてくれました。

R0016564.jpg
R0016578.jpg
R0016546.jpg



実はこの車体、北京市内にある自転車を一つの軸としたコンセプトストアが計画されており、
そこのシンボル車になる予定。
他にもいくつか持って行く車体はある。


現在の北京の自転車文化がどういったものかわからないが、
当地で、そのお店がどう絡み、
今後5年、10年でどういった展開になっていくか非常に楽しみだ。


↓↓↓↓↓↓↓↓フリッカーに写真詳細があります
フリッカー




スポンサーサイト



メイン