fc2ブログ
2019年05月08日

明日、5月9日 お休みを頂きます。

明日、5月9日 所要にて、
お休みを頂きます。

10日以降は、通常通り、昼過ぎよりお店に居りますので、
お越しくださいませ!



スポンサーサイト



2019年05月08日

新しいツーリング車

ありがたいことに最近では当店にフレームを注文して下さる方が、
前よりも増えてきて嬉しい限り。

ただ今製作中のひとつに私が今まで乗って来なかったような、
コンセプトの車体がある。

WEB_page-0001.jpg

・アップライト(ほぼ上体は真っ直ぐ立つ)
・土踏まずペダリング、
・ショートクランク、非常に寝たシート角でサドルが後ろにある

スピードや瞬発力が発揮できないなどの不利な点があるものの、
オーナー、発案者はメリットとして、
ゆっくり走るには効率がよい、景色が見えて楽しい、足つきや後方の視認性が良い、など
多点を上げている。

現在の主流のロードバイク、ツーリング車、クロスバイクなんかは、
基本的にレーサーの、上体を前傾させたところから生まれるパワーを基体とした考え方。
確かにそうだ。
フォーム的に全く別のアプローチのリカンベント、クルーザーなんかもそうだけど、
レーサー基体でない、別のツーリング車があってもいいんじゃないか。

現在、車体は制作中なので、
完成したら改めてこの自転車の良さや、主張をご紹介したいと思う。

---------------------

私は基本的にロードから趣味の自転車の世界に入ったので、
ドロップハンドルが好きだし、よく行く林道やロードツーリングにもある程度の前傾フォームが
楽しいと思っている、効率云々は別にして。

が、所詮自転車は遊びの道具。
世の中色んな経験や考え方から、全く違うものも当然あって然り。
自転車は楽しく乗れれば、それでいいのです。

また、オーナーさんはご年配の方、
海外などから帰ってくると実感しますが、
日本は本当に高齢化社会だな、と思う。
オーナーさんはある程度体をトレーニングしないと楽しめない
レーサー基体のツーリング車より、普通のご年配、ご高齢の方にはこのような自転車の方が楽しめるはず、とのこと。
それも福祉車両じゃなくって!趣味の自転車。

実際、私の父親も大病にかかり、腰を悪くしてしまった。
普段の生活を楽しむための一手段・道具として、自転車は有効だと思う。
ぜひ自転車に乗ってもらって生活に潤いを、と思っているが、
腰を悪くし体力や判断力、その他諸々が低下した父親に、
前傾を取らなくてはならないスポーツ車は勧められない。

上記のようなこともあって、今回のご依頼は興味深いので、
サンプルも作って、ちょっと色々やってみたいと思う。



メイン