fc2ブログ
2019年05月28日

シートジグを新しく作った

定盤と、最低限のジグがあればフレームは精度よく作れるけど、
作業性や拡張性を考えて、徐々に作り揃えていかなくては、と思いつつ、
日々の目の前のことに終われ、2年ほど手付かず。
シートチューブを押さえるジグ。

ミスミの規格品に穴あけ加工したもの、加工屋さんにお願いして作ったもの、色々です。
R0022179.jpg


高さを出すためのブロックをベースプレートに取り付け。
R0022180.jpg

芯押しをくわえるシャフトホルダーをその上にねじ止め。
ここまですべてミスミの規格品。
特注ではないので安価です。
もちろん、全面フライスで仕上げたもの。
R0022181.jpg


組み上げも精度よく。
R0022182.jpg


これは元々あったBB保持用
R0022183.jpg


BBジグを中心にシートジグが旋回するための回転部
R0022184.jpg


回転部にシートジグをマウントします。
R0022185.jpg


芯押しホルダーに芯押しを挿入です。
R0022187.jpg


芯押しのセンターが、狙った高さ(140mm)にきているか確認。
40mm径の芯押しなので、133.9mm、公差マイナス0.1mm以内、上等です。
R0022188.jpg


できました。
R0022193.jpg


こんな風に旋回
シート角に応じて固定します。

R0022190.jpg
R0022191.jpg

めざせ、目標生産台数、30本/月 笑)

スポンサーサイト



メイン