FC2ブログ
2020年02月07日

チューブレス @ ルネエルス

大分メジャーになりました、チューブレスレディ。


MTBにおける、またはロード系においてもグラベルやオールロード系で高いシェアを占めるように。

確かに最初のセッティングの煩雑さは無いっちゃうそになりますが、
パンクリスク軽減と、コントロール性能は魅力です。
パンクしてしまえば、チューブドにするのは簡単ですし。

ということで、ご自宅でももちろんできますが、
とりあえず最初の一発目は、「注射器も持っていないし部屋を汚すのが不安なのでお店に任せたい」、
みたいな方、作業お受けします。
とりあえず我々が行う作業をみて、次回からはご自身でという方も歓迎ですよ。
むしろこの手のものは、自分で覚えた方があとあと良いですから。


チューブレスセッティング、ペアで
Stan'sのチューブレスレディキット+工賃で(タイヤ、ホイールは別途)¥8500+税になります!


チューブレスキット 今回はDTSwiss含む
DSC_0033.jpg


汚れや油分をしっかり脱脂。
DSC_0034.jpg

空気を閉じ込めないよう、テンション貼りながらぴったりリムテープ。
DSC_0035.jpg

バルブをセットして
DSC_0036.jpg

タイヤを嵌める
DSC_0037.jpg

バルブコアを外して
DSC_0038.jpg

シーラント注入~~
DSC_0039.jpg

コンプレッサーで一気に空気圧を上げます!
このあたりも普通のポンプでは中々うまくいかないですね。
最近ではタンクの中にある程度空気をためて、一気にタイヤ内に流し込むフロアポンプが、
TOPEAKなどのメーカーから出ていますが、そこそこの値段します。

DSC_0040.jpg


DSC_0041.jpg


以上、チューブレスセッティング、いかがでしょうか?

あと、ルネエルスタイヤ、一押しのタイヤでございます!
エアボリューム、しなやかさ、軽量かつ耐久性、耐摩耗性もそこそこあり、
こんなタイヤをチューブレス、よだれが出てしまいますね。

よろしく!

DSC_0042.jpg

スポンサーサイト



2020年02月07日

スライドエンド換装

「この古いMTBをシングルギアで、かつディスクブレーキで乗りたいんです」
「なので、ホリゾンタルエンドにディスクブレーキ台座を溶接してくれますか?」

と、お持ちなられた、トレックのクロモリMTB。

であれば、こっちの方が使い勝手いいですよ。
これならシングルで乗るときにチェーンを引いても、ディスクブレーキの調整を改めて行う必要が無いし、
パンク修理などで車輪を外すとき、ブレーキを外す必要がない。
(シートステーにブレーキキャリパーがあって、ホリゾンタルエンドだとローターがキャリパーにあたり抜けない)
RDハンガーもついていて、多段でもシングルでも遊べますよ。


ということで、スライドエンド。
普通のストレートドロップエンドをこれに変えます。
R0023436.jpg


このフレーム。
R0023288.jpg


このエンドをとっ外して。
R0023289.jpg



こんな風になりました!
これでブレーキの仕様も今どきになりました!
チェンも引けますし、引き幅も結構あるので、リアバックの寸法もある程度変えて色々試せそうですね~
写真はクイックレリース仕様ですが、12㎜スルーアクスル対応もしています。

ただこの改造は元のエンドを取り外して、新しいエンドに合わせるために、
シートステーやチェーンステーの角度を合わせる必要があります。
なおかつオリジナルのジオメトリを維持しながら。。。
なので、ブリッジを外したりと色々と、大工事なんです。
これだけいろいろいじると、塗装も多数剥がしますので、ご希望にもよりますが、全塗装という流れになります。

費用的には全塗装込みで仕様にもよりますが、¥67000~からが参考価格となります。
お問い合わせくださいませ。

R0023299.jpg
R0023301.jpg


ブレーキホース受けもしっかりつけて。
R0023300.jpg

R0023298.jpg



今回はシンプルなグロスブラックに塗り替えです!
剥離全塗装は、剥離後に下地処理をしっかり行います。(パイプ内部まで)

なので、古いものでもある程度延命が望めますので
その観点からもご予算があれば、全塗装をお勧めします~

R0023434.jpg
R0023437.jpg


ありがとうございます!


メイン