FC2ブログ
2020年04月03日

QUIET

ちょっとした日帰りから数日のツーリング。
グラベルや林道遊びまでこなすオールロードモデル、QUIETの納品です。
お待たせを致しました!

IMGP1198.jpg
IMGP1199.jpg
IMGP1200.jpg


フロントフォークはしゅーっと滑らかに路面をトレースするスムースなベントフォーク。
ご要望により先々サイドラックがつけられるよう、ダボ穴・アイレット付きです。
IMGP1202.jpg


フロントラックも制作させていただきました。
フロントバッグを載せるだけでなく、ロープワークが使いやすいようにフック付き。
このような小ラックは、フレームを注文していただいた方に限り、¥12000(メッキ代込み)でおつくり致します。
IMGP1201.jpg


ブレーキはVブレーキ仕様。
もちろんディスクブレーキもOK。フラットマウント、ISO各種、
エンド使用に関してもクイックレリース仕様、スルーアクスル仕様など色々ございますのでご要望をお聞かせください。

フラットマウントディスクブレーキ制作風景はこちら!


IMGP1204.jpg


QUIETで使用するパイプは基本的にTANGEのプレステージ、もしくはチャンピオングレードになります。

一口にクロモリパイプといってもその特性と種類のバリエーションは多いんです。
薄い部分が0.35㎜で大口径のキンキンのパイプから、しっとりしなやかな乗り味のもの。
4サイドバッグ積載で世界旅行に使うような頑丈で肉厚なパイプまで、
本当にいろいろ。

ハンドメイドのビルダーはパイプの特性を理解し、ライダーに最適な図面を引きます。
そこは既成のフレームでは絶対にできないこと。
既成のフレームよりは高価にはなってしまいますが、喜んでいただける自信がございます(*^_^*)

QUIETでいえば、スポット的に林道やグラベル遊びをするのであれば
剛性の高いプレステージ。
どちらかというと、ロングライドがメインでその途中で、どこか面白そうなエリアに少し踏み込んでいく、的な乗り方であれば、
チャンピオングレード。
パイプに関してどっちかを選んだからそれしかできないQUIETではありませんが、
お話を聞いた上で、最適な材料をご提案します。

IMGP1203.jpg

フレームセット価格は¥168000(税抜)
ダボ穴をこことあそこに追加したい、Di2のコードやハブダイナモコードを内装したい等々ご相談ください。
追加料金をいただきますが、ご要望お伺いします!

IMGP1205.jpg
IMGP1207.jpg


こちらのオーナー様、私の愛す千葉の方、いつか一緒に走れたらよいですね!

ありがとうございます!


スポンサーサイト



2020年04月03日

フラットマウント 制作の一コマ

フラットマウントのディスクブレーキ。
フレーム制作中の一コマ、こんな風に作っていきます。

何かを作る際に、同じ要件でも制作方法、そこに至るまでの過程はいろいろ違うと思います。
コスト、手間、将来性、どの方法が材料に負担をかけないか、精度を出しやすいか、一番いいのかなと考えます。
私も色々と試しますが、今回はこんな方法。

CADで絵を書き、6㎜mの鉄板をレーザーでカット。
IMGP1230.jpg

ローターからブレーキキャリパーまでの横方向の距離を合わせて台座を付ける必要があるので、
台座が収まる位置をフライスでザグリ。

IMGP1232.jpg


治具でセット。ロウ付けします。
IMGP1236.jpg


つきました。
IMGP1237.jpg


現物で必ず確認。
IMGP1245.jpg


ブレーキホースのルートィング。
今回はステーの中を通します。
穴をあけて、補強パイプを突っ込んでロー付け。
ちなみに先ほどのエンドとは変わり、こっちは12㎜スルーバージョン。
IMGP1248.jpg

付きました。
IMGP1250.jpg

要らない部分を削り除去して、
こんな感じかな?!

IMGP1254.jpg


こんな感じでフレームの一部が作られていきます。
ブレーキタイプも様々なものに対応できるよう日々頑張っております!
こんな仕様でフレームを作りたいんだけど、、、
ご相談ください!

メイン