FC2ブログ
2017年08月19日

復活!ネオコット。

ご購入されてから、
何回目かのライド。

運が悪いとしか言いようが無い。
たまにこういう流れに巻き込まれることがありますが、

下りの50キロ以上でている状況で後輪に何かが絡まったようで、
シートステーがひしゃげてしまったようです。

R0017978.jpg

写真だとわかりづらいが、
左のシートステーが左下方向に曲がっている。
後輪に絡んだ棒状のものがステーに激突して破損したようだ。

しかし、後輪にロックがかかって落車、なんてことにならずに本当によかった。
カーブでスリップして落ちるよりも、
車輪ロックのような落車のほうが大きな事故につながりやすい。
しかも下りの50キロ以上なんて、落車というか大クラッシュだ。


その曲がったステーを差し替えて欲しいとのご依頼で持ち込んで頂いた。
ちなみにメーカーてこれ修理してくれるのかな?


元のパイプと手持ちのTANGEのパイプは
径やテーパー具合、何かと元の物とは違うので、
バランスが悪くなることを嫌って、
何ともない右側のステーも交換します。


ぽろっと取っちゃいます。
R0017979.jpg


新しく入れるTANGEのステー。
ほどほどに固く、使いやすいステーです。
R0017980.jpg


ステーの取り付け方は、集合ステー。
左右ステーの真ん中に割りが入るので、ステーを縦長形状につぶしてロウ付けします。

R0017981.jpg
R0017982.jpg


ざぐりオッケー!
R0017983.jpg


ジグにかけ、さっとロウを回します。

トップチューブ後方には大事なメッセージの入ったロゴが、
クリア塗装下に塗り込まれており、それを痛めないよう、
濡れタオルで保護して、その部分が火で駄目にならないよう慎重に。。

R0017984.jpg

あとはブレーキブリッジを付けて、汚いところを綺麗にして仕上げるのみ!

R0017985.jpg


ステー入れ替えに加え、塗装も。

部分塗装で、例えば元の色と同じような調色もすることは可能だが、
あくまで同じような、で
後から塗った感は多少なりでるので、
それであれば違う色でぼかし。

はじめからそのような塗装デザインであったかのような、
違和感ナシです。

R0018245.jpg
R0018246.jpg


塗装地のパールホワイトと近似色のロゴなので、写真ではわからないですが、
大切なロゴも無事です。

R0018247.jpg


R0018248.jpg


比較的修理が容易なスチールフレーム。

補修が聴く場合は多いので、
些細なことでも、遠慮無くご相談頂ければ、幸いですW(`0`)W



スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック