FC2ブログ
2017年09月08日

こんなのもまずは相談してっ、チェーンステー差し替え!

ラグ、巻きステー仕様のマウンテンバイクとしては、ちょっと珍しいタイプ。
チェーンステーが折れたということで持ち込んで頂いた。

確かに持ち込まれたフレームを見てみると、
エンド間際でパイプが破断していた。

なぜ折れたのか?
パイプの破断は、何かにぶつかって衝撃を加えたとか、
乗っている人もわかりやすい原因が大抵あるのだが、
身に覚えが無いらしい。

ディスクブレーキ仕様だが、
通常は入れることの多い、ステーの補強ブリッジが無いことが原因?
と持ち込まれた方は予想するが、
ディスクローターの回転方向から加わる力とは折れ方が逆だ。

原因がわからないのは気持ち悪いが、
多分、外的要因だと、、思う。

ということで、ステーを交換することに。

とりあえず分断して。。
R0018269.jpg


先日追加したトーチ、こいつのおかげで、
ラグから引っこ抜くのが楽になった。

R0018271.jpg


新しい、タンゲのステーを無事な右側をおんなじ様に、
タイヤ逃がし用のつぶし、曲げ加工を。

R0018276.jpg



つーことで、
差し替え完了!

R0018278.jpg


いい感じ♪
R0018279.jpg


ついでに今回は、
ステー交換のついでに、
センタースタンド台座を付けて欲しいとのことだったので、
板物を削り出し、くっつけ。

R0018280.jpg



クロモリフレーム。
壊れない、
買ったら一生物、なんていう販売店の人もいますが、
物なんでちゃんと壊れます。

特にロード用でかんかんに薄いパイプを使った物は、
ちょっとぶつけりゃ凹むし、衝突すれば折れる。

ただ、カーボンフレームの破損の仕方に比べ、まだやんわりだし、
パイプの差し替えもカーボンのそれと比べると、容易、というか出来る人が多い。


当店は、よっぽどじゃ無い限り、
パイプの差し替えするなら、フレーム新しく作った方が安いですよ、とは簡単には言いません。
もちろん、出来ない場合もありますが、

まずは、相談して頂ければ幸いかと思います。

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック