FC2ブログ
2018年09月16日

チーム皇海

関東屈指のロングダートといわれる、群馬県は赤城山の裏、
栗原川林道へアタック!
40km近いダート、
補給食やトラブル時の携行品はしっかりと持ちます。

予備チューブ、パッチ、タイヤブート、工具類、バッグに余裕があったので、タイヤ1本。。

相方は前回の南アルプス同様、小林君。


沼田駅で待ち合わせ、
私は当然、始発の輪行で現地入り、小林君は自走。さすがw

R0020559.jpg


早速、林道の入り口のある吹割の滝へGo!
沼田駅を出発した直後から登りが始まります。

R0020562.jpg
写真は新潟本面、谷川岳でしょうか

群馬北部のこの辺りは、特徴的なフォルムをした山々に囲まれているので、見ているだけで楽しいですね。
赤城山、榛名山、谷川岳、妙義山。。
前回行った二軒小屋では展望は開けておらず、それはそれで楽しいですが
道中もただその山深さを感じながらのサイクリングでした。

吹割の滝手前の、老神温泉。
温泉のすぐそば、山の谷間に田んぼが開けており稲穂が垂れていて、良い雰囲気の所です。
次回は温泉近くにキャンプでもしたいですね。
R0020566.jpg
R0020568.jpg
R0020571.jpg


吹割の滝近くの集落の路地から林道方面へ
小林君のジャージの色に合わせて、緑の畑が広がります。
R0020573.jpg


今回の栗原川林道は、標高2000mを超える皇海山の登山道起点にも通ずる道です。
ここから林道開始。
そこそこ山深い上に、週末はともかく平日はあまり人気が無いところだからなのか、
遭難事故が多く、熊の人身被害もあるみたいです。
あまり一人では行きたくないですね~、、
R0020574.jpg
R0020577.jpg



最初の方はダートも締まっており、走りやすいですが、
徐々に登りもキツくなると共に、足元もがれてきます。
タイヤ、700cだったら35c以上が楽しいかも知れませんね~。
R0020578.jpg

R0020591.jpg
R0020622.jpg
R0020630.jpg


今回、林道走行中は、
NITTOのマウンテンドロップハンドルRM-3の、
下ハンドルメインで行きたかったので、新たにアップライトステムを制作。

角度は25度。
ブルーラグさん企画のNITTOステムで、30度のものがありますが、
少しそれよりは低めスタイルです。

オールロードモデルのQUIETは、ロードポジションが基本の設計なのでハンドルセッティングが低めです。
ですが、このようなステムをつけることで、ダート走行で必要なアップライトポジションもセッティングすることができ、
実に幅の広い遊び方が出来るようになります。

R0020557.jpg

RM-3、下ハンドルの握り。イイ具合だナ~
RM3.jpg




。。。さて、先に進みます。
この林道の名所?素掘りのトンネルです。
しかし落石が多い道です。
雨の後は特に要注意ですね。
R0020606.jpg


鋸山方面でしょうか?

厳しい残暑も落ち着き、山は晴れた昼間でも20度を割るようになっています。
止まると肌寒いですね。
R0020608.jpg


モノトーンの小林。
R0020610.jpg
R0020612.jpg


皇海山の登山口で記念撮影。
しっかりと目を瞑っています。。。
R0020616.jpg


いくつもの支線があります。
ここから先はマニアの世界。下手に踏み入れない方が吉。
R0020619.jpg



長~~いダート区間をやっと終え、ゲートの外へ。
ちなみにこのゲートは野生動物を人里から区切るためのゲート、
普通に入っていけます。

疲れた~
R0020643.jpg


あとは太田方面へ下るのみ!
R0020644.jpg



太田駅の手前2キロメートル地点、
あんだけ酷い道を走って、パンクしなかったのに、
路肩で金具踏んでサイドカット(泣)
タイヤブートを使う羽目に。

ということでここらで私のサイクリングは終了。
例によって小林君は東京まで自走笑
しかも明日も走りに行こうかとか言ってるんですけどこの人。。

お疲れさん!
R0020650.jpg



スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック