FC2ブログ
2018年10月25日

写真を送ってくれました

先日収めたQuiet Disc フォー Kさん、ご自身で組みつけられて、写真送っていただけました。

やっぱりフレームではなく、自転車の形にするとどの方向の自転車なのかはっきりわかりますね。

43879764_327289051182472_1417555089916166144_n.jpg
43788165_1523538977748034_40668839167393792_n.jpg

1x11の今時のグラベルロード仕様。
個人的には純粋なロードでフロントシングルは違和感を覚えてしまいますが、
グラベル用途であれば潔くて好きです。
フロントは何Tなんですかね?大きく見えますね。
乗り手は足のある方なんで大丈夫なんでしょう。

フォークはワンバイエスカーボン。
テーパードコラムです。
フォーク単体での販売が減っていく一方で
オフセットラインナップの豊富な日本産の当メーカーは
ビルダーフレンドリー、ありがたいですね。

ジオメトリの特徴は、まずヘッドチューブ。
80mmとテーパードコラムが入るフレームとしては、激短いです。
身長が低く、低いポジションが取りたいということで。
他にないんではないでしょうか。フルオーダーならでは。

あと45Bタイヤが入る仕様でできるだけリアを詰めており、
BB下がりも、通常のグラベルロードより10mm以上高く設定しています。
できるだけ踏んだときの反応がよく、フロントも上げやすいですね。
このあたりは乗り手の好みで、ピーキーな味付けをしています。

できれば、時間作って一緒に走りに行きたいですね、
よろしくお願いします。

仕様
・TANGE MTB用プレステージ
・フォーク ワンバイエスカーボン
・テーパードフォーク、通常のフォーク両方仕様。
・MAXタイヤ幅 650x45B 700x25c
・リアISDiscチェーンステー側
・トリプルボトル
・外装ワイヤルーチン
・シート30.0mmクランプ
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック