FC2ブログ
2019年09月09日

古いラレーの改造

古いラレーの自転車、いつ頃のモノなのか、
私には詳細がわからないのですが、
現役メッセンジャーの若者が仕事用としてでは無く、
サイクリング用に現行パーツが付くように、ということで
お持ち込みになりました。

確かにこれを仕事用に、、じゃ辛そうですね。

ラレー
R0022633.jpg
R0022634.jpg


このフレームに
現行品のパーツを付けるには色々と制約が沢山合ったのですが、
とりあえず、ブレーキと車輪さえ入れば、
あとは組みつけの妙(チェーンラインを出すとか)で何とかするということで、
カンチブレーキ台座とエンドスロットとエンド幅の拡張です。

まず8mmしかない、後ろのエンドスロットを10mmに削り広げます。
現行の大部分のハブは10mm径シャフトです。
R0022635.jpg
R0022636.jpg


エンド幅も110mmから120mmへ。
これでシングル用ハブや、スターメーアーチャーなどの多段内装ハブが使えますね。
スターメーは120mm幅での多段ハブをいくつかラインナップしています。
その他、キックシフトやフロント用ドラムブレーキといった、
他のハブメーカでは持たない変わり種を揃えたメーカですね。
R0022637.jpg


カンチ・Vブレーキ台座
R0022632.jpg


完成でございます!!

あとはBBシェルもJIS規格のBBが挿入できるものの
シェル幅が広く、、なんていう規格なんですかね?
チェーンラインを出すのに苦労しそうでしたが、
そのあとご自身で組みつけるということで持って帰りましたが、
どうだったのでしょうか?

今回、行った作業は
・カンチブレーキ台座前後
・エンド幅広げ、芯だし
・エンドスロット拡張


あーしたい、こうしたい、構想があります方はどうぞご相談ください!

R0022641.jpg
R0022642.jpg
スポンサーサイト



メイン

コメント

●工賃について
・カンチブレーキ台座前後
・エンド幅広げ、芯だし
・エンドスロット拡張

それぞれの工賃を教えて頂けないでしょうか。

お問い合わせありがとうございます。

早速ですが下記ご参照いただけましたらと思います。

(税抜き)
・カンチブレーキ台座前後
¥6500
・エンド幅広げ、芯だし
¥3000
・エンドスロット拡張(前後)
¥4000

カンチブレーキ台座溶接に関して、
加工部分は塗料を剥がします。
部分塗装は別料金にて¥8000で承ります。

エンド幅広げは110㎜→120㎜を想定してお応えしておりますが、材料の硬さなどによってはブリッジなどを外してから行う場合があります。その際は別途加工が必要になってきます。
また、上記の価格はフレームでのお持ち込みを想定しております。

またご不明な点はお問い合わせください。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック