FC2ブログ
2020年04月18日

谷津 改め 上総 レビュー3 と2号機

グラベルグラインダー 上総のサンプルを作って、何度か乗ってレビューした上で、2号機を制作。
これから塗装ですね。

谷津 改め 上総 レビュー1と、谷津 改め 上総 レビュー2に関しては、
登りと下りといった状況目線で、設計寸法に関して感じたこと、設計したうえで留意した点を書きました。

今回はもう少し、全体的に、ここはというポイントです。



・フォーク
まず、FOXの40㎜トラベルといったちょっと特異な(海外だとグラベル需要が大きいのでこういったものもどんどん出してほしいですね)フロントサスペンション。
このフロントサスと、一般的なグラベル系リジッドフォーク、
例えばカーボンだとENVEのCROSS DISC FORKや、
ColumbusのFutura Crossと状況、遊び方に応じて入れ替えて使っても、
狙っていたジオメトリが大きく崩れることなく、どちらでも気持ちよく乗れるように設計しています。

あまり考えられていないフレームだと変なハンドリングになったり、挙動がおかしくなったりします。



・ドロップハンドル
上総はグラベルグラインダー、MTBじゃありません。
ドロップハンドルが前提です。
ハンドルの切れ方、ステアリングのフィーリングは最適化しています。
具体的にはヘッド角や、フォークの設計寸法ですが。

ちょっと前の26インチMTBをドロップ化してグラベル遊びしている方、結構いらっしゃいますね。
あれはあれで面白い遊び方だなと思います。
ただ、そういうセッティングで、セミファットに近いタイヤだと往々にしてハンドルが重くなる。

カーブしようとアクションすると、1テンポ遅れる。
カーブから真っすぐに車体を立てようとすると、また1テンポ遅れる。
そんな感じでステアリングが重く感じることで、バイク全体が重く感じる。

基本的にMTBはフラットバーやライザーバーで発展してきたものだと思うので、そうなりますよね。

上総はロード+の2インチ近いタイヤを履いてドロップハンドルをつけても、シャープさを失いません。
(逆に上総にフラットバーをつけると、えらく不安定に感じるはず)


・パイプ
イタリアの歴史ある老舗チューブメーカー、コロンバスのZONAを使用しています。

コロンバスの中でのZONAの位置づけは、
堅牢性を犠牲せずに軽量、MTBからロードまで多目的に使用できるパイプです。
また焼き入れはしていないので、破断もしづらいです。

クロモリでも少し柔らかめの材料で、
ソリッドなフィーリングのロードバイクを作るときは好みではありませんが、
オフロード寄りのフレームを作る場合は、良いフィーリングのパイプです。

使用する径はトップチューブは31.8㎜径、ダウンチューブは38㎜径
(ちなみにオーソドックスなロードだと、トップ25.4㎜でダウンが28.6㎜)

大径パイプによる安心感と、この径でも高すぎない剛性のZONAが今のところ良い感じです。


------------------------------------------------------------------


上総2号機、塗装したら試乗車になる予定。
1号機をテストした結果、BB下がりを60mm→65㎜と少し下げて、ヘッド角を少し寝かせました。
舗装路を距離伸ばす場合をちょっとだけ重視して、少しアレンジです。


IMGP1273.jpg

衝撃からヘッドパイプを守るためのガセット。
IMGP1277.jpg


シートを保護するためのブリッジ。
IMGP1279.jpg


12㎜スルーアクスル、142㎜幅エンドです。
IMGP1281.jpg

フラットマウントDISCブレーキ
IMGP1282.jpg


左からリアメカ用、ドロッパーポスト用、リアブレーキ用。
ケーブルルーチンは、ご希望があれば他にもいろんなルーチンがあるので、
ご相談ください。
IMGP1284.jpg



仕様予定のコロンバス FuturaCross。

IMGP1307.jpg

実はこのフォーク、面白い仕掛けがしてありまして、
オフセットを変更するために、エンドのアクスルを通す部分がフリップする仕組みになっています。
これにより、オフセット47㎜と52㎜両方好みに応じて使用することができるんですね。
二通りのバイクコントール感が選択できるわけです。

47㎜
IMGP1304.jpg

52㎜
IMGP1305.jpg

今回の車体は試乗車としてご用意する予定です、
もうしばらくお待ちください!




スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック