FC2ブログ
2021年02月16日

青いランドナー

GRXグラベルコンポ積載、
700cランドナー

かっちりとしたパイプ構成に
BB下がり78㎜、低い重心のランドナーバイク。
最大タイヤ幅42c、38cでは泥除けOKな構成です。

荷物を載せても自然なフィーリング。
積み下ろしも自転車が自立するセンタースタンドがあるので安心ですね。

------------------------

誰かの言葉で
教えてもらっていいなと思ったこんな表現。
On the bikeじゃなくて In the bike
コックピットは自転車の中。

26インチ系統が主流だったランドナーの全盛期とは違い、
700cのホイール、ボリュームがあって質の良いタイヤが豊富な現在、
そんなIn the bikeなランドナー的自転車が作りやすいのです。

そんな感覚のバイクに仕上がりました。
この幸せな感覚は、ぜひ試してほしいですね。



シマノ GRXで組み上げました。
レバーブラケットがすごく大きい。
ここはハンドルの一部ととらえれば握りやすいです。
油圧ブレーキレバーですが、ストロークや初期位置の調整もしっかり効きます。
IMGP2345.jpg
IMGP2349.jpg
IMGP2350.jpg


オーストリッチのバッグをのせるフロントラックも製作しました。
ポイントは補助ブレーキとバッグが干渉しないように、
クリアランスを保ちながら、ラックにアタッチできるバッグサポーター。
位置だし諸々、作るの結構大変。

IMGP2351.jpg
IMGP2353.jpg
IMGP2355.jpg



IQ-Xハブダイナモライト。
ハブはシャッタープレシジョン。
べらぼうには高くない、様子の良いハブです。
ホイールも当店の手組。

ある程度速度を出さないと、地面を照らせないので、
バッテリーの補助ライトもあったほうがいいですね。
それもマウントできるようラックにはダボがついています。
IMGP2354.jpg
IMGP2352.jpg
IMGP2356.jpg


キレーライトをシートステーに直付け。

ブレーキはシマノロード系ではメインのフラットマウント。
良く効きます。


IMGP2352.jpg
IMGP2354.jpg
IMGP2356.jpg


淡々と距離を延ばすもよし、
怪しい道に突入するもよし、
色んな可能性をもったバイクに仕上がったかな思います。

ありがとうございました!



スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック