fc2ブログ
2021年06月13日

100年前の自転車

戦前のプジョー、、ではなく実際はどこ製なのかわからないそうですが、
とにかく100年前、1920年代の自転車だそう。
しかもレーサー。

手に入る材料も、ジオメトリの常識も、組み付けるパーツも、道の状況も、
すべてが違う、100年前のレーサー。

フレーム屋としては特に、ジオメトリが現代のものとは全く違うことに興味をそそられますが、
関係者によるとこれだけヘッドとシートが寝まくったフレームで下るオフロードは、
それは気持ちよく下れるようで、試してみたいですが、
とにかくこんな年代のものを修理依頼いただけるとは・・光栄です!

事故により前三角破損。
修理というか前三角の入れ替えですね。
フォークも大分ひん曲がっていましたので、
かなり無理やり曲げなおし修正w



vmpsdmvp.jpg
mpsdm.jpg
asho.jpg
vdfgam.jpg




また結構前に治して差し上げた、automotoというビンテージ車。
これはヘッドチューブの穴埋めとフレームフォークの修正、スライドエンドの修理を行いました。
塗装が上がって、やっと組み付けたということで写真を送っていただきました。

エンドのスライドエンドもどうすれば車輪の交換を素早くできるか
この時代によく考えた結果なのでしょう。

それにしても
楕円に抜いたヘッドラグに、真鍮のバッジ、かっこいいですね、まねしようかな。

ernov.jpg
mfvpmb.jpg
pmvsdm.jpg
vlm.jpg


スポンサーサイト



メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック