FC2ブログ
2017年02月03日

サイクルサッカー

ある引き合いがあり、
立川サイクルサッカークラブさんの練習会へ見学に行ってきた。


R0016745.jpg


サイクルサッカーとは?
私も存在自体を知らなかったが、名前から想像するに自転車で行うサッカーのことだろう、、と
なんの奥行きもない想像しかできずに現地入り。


見学してみると、


2名 対 2名で対戦を行う。
サッカーなので相手側のディフェンスを個人技や仲間とのパスワーク、
シュートして相手ゴールを奪う。

紅白戦を観戦中、いろいろとルールを説明してもらったが、
細かい部分は独特のルールが多様にあるみたいだ。

日本ではメジャーな競技ではないが、
ヨーロッパ、とくにドイツでは盛んで、日本とは比べ物にならないくらい、
競技レベルも高いそうだ。


見ていると、非常に高いバイクコントロールの技術が必要で
ゲームができるようになるまでには、それなりの習練が必要だ。
まず、乗車したまま止まる。
それから手を放す。
前輪、後輪、または車体全体をホップさせる。
後ろに進む、、

ボールのコントロールやシュートは基本は前輪で行う。
シュートは体全体をばねのように使い、前輪の手前側にヒットさせる。
初速は何キロくらいなんだろう、70~80キロくらいはありそうだ。

紅白戦の模様。







専用のバイク。
スチール製のケルビム製。
固定ギア。

R0016684.jpg

試乗してみると
すごく独特で普通に乗るのが結構難しい。
競技の特性上、ものすごくクイック。

筋がよければ、2~3日でスタンディングができるようになるそう。



パイプはクロモリだそうで、すごく肉厚。
我々の通常の流通では、入手できない。

加速性に比重を置いているので、大抵シートチューブに曲げやつぶしを入れるほど、
リアバックをつめる。
R0016685.jpg


ボディコントロールをするために、
通常の位置にサドルは無く、
後輪の真上。
R0016686.jpg


スターバイシクルというメーカーのアルミフレームバイク。
巡行性は重視されず、とにかく加減速とコントロール製に重きが置かれるので、
選手が使うものは、丈夫でも、とにかく軽いものが好まれる。

R0016698.jpg



サイクルサッカーに付随する、自転車のコントロールの練習。
これは通常の自転車、ロードやMTBにも役に立つものだと単純に思う。


たちかわサイクルサッカークラブ​
ご興味がある方であれば、基本的に誰でもウェルカムで、
乗れるバイクも用意されています。

木曜、日曜の夜に練習会をされていて、
最初どういった練習をしていけばよいかなど、フレンドリーに指導していただけると思います。

その他、定期的にこちらの立川の体育館で試合、大会や
バーベキューなどの親睦会も開かれているそうですね。


ご興味がある方はぜひ顔を出してみてはいかがでしょうか?


スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック