2018年04月05日

2m級がごろごろ

某外国の方、御来店。

普段使いの自転車が欲しいと言うことで、
男性で身長は180cmにみたないくらい?だが
ベースになる車体を跨がらせてみた物の
どこに隠れていたのか、蛇腹のように長い足がにゅるっと出てきた。
シートポストの長さが足りないと言うことで、延長。

身長190cm Overのわたし。
おしゃれ盛りの高校生の時分は困った。
今はヤフオクやらなんやらで、手軽に手に入る。

自転車は、、スポーツ系はサイズ600mmや620mmなんてのが、
通販で手に入る、在庫を持っている店は普通はないけどね。

うちなら有りますよ、ロードとツーリング車でジャイアント向けの試乗車が。
しかもいつでもあり、なんつっても自分で普段乗っているので。

そんなわけで規格外フレンドリーな当店。

狸サイクル鉄板のままちゃりベースの改造車ですが、
これ、また実によく走る!
予算的には改造内容に寄るけど、
入門クロスバイクと同じくらいの価格から、普段使いのよく走る車体ができるよ。
ジャイアント(台湾の)クロスバイクを買うくらいなら、こっちだよ!

長くしたポスト
R0019405tate.jpg

股下95cmの人用サドルセッティング
R0019408.jpg

見た目は普通?じゃないか
R0019407.jpg

懲りずに23c
R0019409.jpg

車輪はかっちり組み直しております!
変速機もばっちり外付け、フィーリングはいいですよ
R0019410.jpg


いかがでしょうか?






2018年03月31日

3/31 五日市方面サイクリング

3/31 五日市方面サイクリング


多少ハードな?、五日市~檜原、裏道サイクリングでした~

檜原街道をいつものように本線を奥に行くのではなく、
武蔵五日市駅の裏手から、瀬音の湯の裏手まで抜ける、
住宅地を含む、まったり系の裏道。

花盛りの秋川渓谷を見渡せる道は最高です。



R0019179.jpg
R0019185.jpg
R0019193.jpg
R0019197.jpg
R0019209.jpg
R0019222.jpg
R0019246.jpg
R0019257.jpg
R0019261.jpg
R0019263.jpg


2018年03月27日

五日市~檜原方面 3月31日 サイクリングです!

来る3月31日の土曜日、
五日市~檜原方面サイクリングします!


詳細は以下!


ロードでも行ける裏道・林 道超入門

場所・時間
武蔵五日市駅 3月31日午前10時集合
もしくは当店8時集合で自走していきます。

走行ルート
武蔵五日市~檜原村~武蔵五日市
距離約30km(数百メートルのダート含む)

所持品
サイクリングを自己完結できる道具類(工具・スペアチューブ等)
ヘルメット
歩きやすい靴

ロードでも行ける、というのが一つのテーマですが、
ちょいきつめのダート区間が含まれる場合がありますので、
ロード用ビンディングシューズだとちょっとキツいかも?
(ガレ場の登りで踏み切れる人なら大丈夫)

概要
武蔵五日市から檜原村まで、街道を出来るだけ逸れて走り、ちょっとだけ林道や古いお寺も巡ります。
檜原村で途中休憩を入れつつ、キョロキョロゆっくり走るサイクリングです。
動きやすい格好でおいでさださーい!

参加資格
ゆっくりめのサイクリングなんで、足が合わないかも、、なんて心配はご無用。
普通に乗れれば、基本的にどなたでも可。


サイクリング


2018年03月25日

QUIET シェイクダウン

自分用に作ったサンプル QUIET 筆おろしサイクリング。

久々に作った自分用、テンション上がりますね。

越生方面いこうかと思ったけど、撮影の練習?(いい写真がとりたくて)
だらだら乗っていたら、時間が無くなったので、
川越辺りから西東京へ向かう。


R0019095.jpg
R0019085.jpg
R0019080.jpg

いや、、狙い通りの乗り味でよかった~。

パリッと軽め・硬めのフィーリング、
クイックめのハンドリングに、低い重心。

パーツアセンブルについて、
今はコンパスサイクルの軽量ツーリングタイヤ28c、Chinook Pass
すごくいいタイヤですね。
重量的に一般的な25cと変わらず、重さは感じません。
けれどもボリュームあるのとしなやかさ、グリップと、路面ノイズ減衰は最高。
さすがに平地40km/h巡行しろと言われれば、もっとかちっとしたものが欲しくなりますが。
レーサーだと路面きれいなところを探して走ったりしますが、
わざとラフな場所を選びたくなります。
当店でも扱いがありますので、お問い合わせください。

あとVブレーキもいいですね。
シマノSORAグレードのもので制動力は十分。
ちょっとの引きで効くので、握力の温存ができます。
長距離、長い下りなんかも楽ですね。
今だったらディスクブレーキも選択肢として大いにありですが、
扱いが楽でコストも低いVブレーキ、
ドライコンディションメインなら十分ありですよ。

QUIET、ジオメトリも長距離を楽に行けるよう設計してありますが、
上のようなパーツアセンブル仕様によってもさらに、
一日遊んでも疲れない自転車に仕上がっております!




2018年03月20日

コメンサル 44ヘッド化!

コメンサルのリジッドフレーム、
シンプルかつがっしりしたフォルムでかっこいいですね。

さて、今回はヘッドチューブの交換です。

いわゆるオーバーサイズ用のヘッドチューブ径。
今となってはフロントフォークのコラムは、上は28.6mm径のオーバーサイズだけど、
コラムの下の方へ行くと、さらに径の大きいテーパードコラムがほとんど。

現行でこのフレームにセットできるフォーク、フロントサスペンションは選択が非常に限られます。

今回は現行で主流のテーパードコラムが使えるように、
ヘッドチューブを太い物に変えます。(44mm内径ヘッド)

R0019009.jpg


ざっくり、すぱっ

実はオリジナルと同じ切り口ではなく、
若干ですが、ヘッドチューブが寝て溶接されるよう、調整してカットしています。

フレーム特性の主軸をやや、下りに振った感じですね。
そんなアレンジも利きますので、おっしゃってください。

R0019010.jpg



途中割愛、つきました。

リーマーもきっちり立てます!
R0019013.jpg


ダウンチューブにはボトル穴もつけました。

今回は、塗装はご自身で、ということなので
このままでのお渡しです。

R0019018.jpg
R0019019.jpg

ありがとうございます!

メイン