FC2ブログ
2021年02月07日

本日臨時休業

急遽ですが、
本日都合によりお休みをさせていただきます。

ご不便をおかけしますm(_ _)m
2021年02月03日

2月4日 お休みです

2月4日木曜日はお休みを頂いております!

ご不便をおかけします!


2021年01月31日

普段使いおすすめリム

庶民の味方的な価格設定と安定の品質、
アレックスリム、おすすめです!

CX24
700cで概ね25c~35cが適正です。
都内や市街地の通勤や通学にも一番使われるタイヤの規格ですね~

また丁度良いリムハイトで重くなく、またそこそこ頑丈で、
気を遣わず道が悪いところでもがんがん使えますよ。

このCX24、価格が1本5千円とリーズナブルな上、
チューブレスレディ、それからディスクブレーキ化が進む昨今、
しっかりとリムブレーキ対応です!

品質もしっかりしてますよ。
組んでていてわかります。
組みやすく精度が出しやすいです。


長期間乗ったり、雨の中乗ったりすると
リムの消耗は激しく、長い目で見たら消耗品。
ハブなどがまだまだ使える場合、組み換えが効きますので、
手組ホイールはよりサスティナブルです。

リーズナブルな使えるCX24 いくつか在庫ございます。

参考価格、選ぶパーツにより変わります

リム ペア ¥10000
Fハブ ¥5000
Rハブ ¥15000
スポーク ¥3000
工賃 ペア ¥10000

¥43000 + 税


組み上げたものはラベルを剝がしています

PXL_20210127_111314033.jpg
PXL_20210127_111940576.jpg
PXL_20210127_111410587.jpg
PXL_20210127_111534453.jpg
PXL_20210127_112104519MP.jpg
CX24_img.jpg



2021年01月27日

常夏

この間の週末は天気が悪く、気温次第では雪になるかならないか、、
な感じの寒々しい天気でしたが、

これは天気の良い日に撮影したかったな~

深いマリンブルーからの浅瀬の青。
そこからはスチールの地が見えるローフィニッシュ。
オレンジのクリスキングが入っていて、イメージは常夏なロード+

オーナーさんは結構ハードコアな長距離ist、+アドベンチャー系。
悪路がめんどくさいのでもう太いタイヤしか履かない!というので
27.5"x 2"(650b x 50)MAXに設定。
ただこのボリュームでも長距離延ばしやすいようにジオメトリ、材料考慮しました。


ホイールベースを稼ぐため、トップチューブは身長の割には長めの540㎜。
フロントセンターは601㎜。
BB下がり73㎜と650bとしては結構深い部類。
76㎜を試したことあるけどそこまで落とすと大分おとなしい印象になる。
それはそれでキャラクタありますが、
今のところロードプラスオールロードは70㎜~73㎜くらいがニュートラルな感じかな、と思う。
60㎜近くになるとなんか中途半端な感じ。
もっと上げると、もうMTBですね。

ヘッドパイプはテーパードコラムのカーボンフォークと入れ替えて使えるようにテーパード。
パイプはチャンピオンNo1ベース。
前後12㎜TA、フラットマウントDiscブレーキです。


当店では原則
オーナーさんのお話を聞きながら、材料の選定、設計、色決めなど一から行います。
オーダーといいながらも、タイヤ幅など決められていて
細かいサイズチャートから選ぶ実際セミオーダーに近いものとは違います。

ご相談ください。


IMGP2323.jpg
IMGP2324.jpg
IMGP2325.jpg
IMGP2326.jpg
IMGP2327.jpg
IMGP2329.jpg
IMGP2330.jpg
IMGP2331.jpg
IMGP2334.jpg
IMGP2335.jpg
IMGP2336.jpg







2021年01月24日

フラットマウントDisc フォーク

ご好評いただいている2枚肩フォーク


今回は
・9㎜QR
・2枚肩
・フラットマウントDiscブレーキ
・ダブルアイレット
・ブレーキケーブル内装
・26"_2.0"で泥除けレディー
・ダイナモコード内装
・Tubes Duoラックがつくように


と、多岐にわたるご要望、
もちろんオーダーなので可能です!

カラーは旧国鉄のブドウ色一号!
昭和中期のカラーでしょうか、渋いですね。

当工房のディスクブレーキ対応フォークのフォーク足は
TANGE Tubeの肉厚で剛性の高いものを使っています。

写真を見てもらえばわかりますが、
ディスクブレーキがマウントされる側は
制動時にブレーキのパワーを左足だけで受け止めるため
補強リブをいれてあります。

このつくりで軽量で肉薄なフォーク足を使ってしまうと
左が固い、右がフレキシブルな何とも妙なフォーク足に。
よって多少重いですが、この構造と頑丈なフォーク足を使うことによって
荷物を積んでも、ブレーキをかけてもぶれにくいバランスの良いフォークが出来上がる、という寸法です!


仕様により価格が変わってきますのでお問い合わせを。



IMGP2315.jpg
IMGP2314.jpg
IMGP2313.jpg
IMGP2312.jpg
IMGP2311.jpg



メイン